2005/3/26

瀬見温泉喜至楼  山形の温泉

ここは宿泊した方が良いと相互リンクさせて頂いているらくださんのHPで知り、本館に宿泊しました。瀬見温泉の由来は源義経が兄頼朝の迫害を受け平泉に行く途中、北の方が産気をもよおしたので弁慶は産湯に使う水を求めて谷を下り河畔の岩の間沸々と音がするので薙刀せみ王丸の石突で岩を砕くと温泉こんこんと噴湧したので、せみ王丸のせみ、からでたものあるいは弁慶が浅瀬を探し方々の瀬を見てあるいたことから、という説が残っています。
1泊2食で5000円台は良いですね。薄茶湯華漂う透明な気持ちのよい湯。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ