2006/12/5

某所  絶景の温泉

岩盤の洞窟からドバドバと猛烈な湯量の源泉が湧出しています。これはすべて温泉です。
クリックすると元のサイズで表示します
微薄黄色の強酸味、少塩味、少渋味の源泉は岩を赤茶に染めています。
クリックすると元のサイズで表示します
適温の湯溜まりは素晴らしく、肌がピリピリします。
感覚では明らかにpH1.0台であろうと推測される強酸性泉です。
2

2006/12/5

白糸の滝 滝壺脇源泉  絶景の温泉


クリックすると元のサイズで表示します
白糸の滝の滝壺上流からも源泉が湧出しているそうですが訪問時は前日の雨量が多く白糸の滝はほぼ水の状態でした。
クリックすると元のサイズで表示します
この周辺の岩の間からは、訪問時で3ヶ所32〜35,6℃の源泉が湧き出していました。
クリックすると元のサイズで表示します
その源泉のうち湯温の高いものを手掘りし、浅い湯船らしきものを造りました。
クリックすると元のサイズで表示します
透明ですが次第に白濁ブルーになる強酸性の少硫黄臭のする源泉は、さらに強酸性の透明薄黄色の源泉と並び2色の露天風呂になりました。

1

2006/10/20

某湯  絶景の温泉

尾根を歩いていくと突如として目の前が開け、広大な景色が目の前に広がりました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは、本当に日本なのでしょうか?一瞬目を疑います。
クリックすると元のサイズで表示します
硫化水素ガス濃度を測定し安全値でしたので決行しました。
ガスが濃い時はかなり危険です。
クリックすると元のサイズで表示します
温度はぬるめですが夏の時期には気持ちよいです。
灰色のクリーミーで濃厚な泥は膨大な量です!それに、なんて、綺麗な泥でしょう!体にまとわりつく感覚が楽しく体中に泥を塗り付けました。ただ、ただ感激し夢中になっていたのでした。

1

2006/1/8

酸の湖  絶景の温泉

「酸の湖」なんてまるで「ナウシカ」の世界のようですね。
湖の底を少し掘ると熱い源泉が湧きだしてきて湖の水と混ざり手掘り露天風呂の完成です。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2005/12/28

某湯  絶景の温泉

クリックすると元のサイズで表示します
1

2005/11/25

高雄温泉  絶景の温泉

以前は野湯として解放されていた高雄温泉はおおるり山荘という格安の温泉宿として観光客で大賑わいでした。
内湯と宿の前にも露天風呂がありますが、やはり以前野湯だった場所に出来た露天風呂へ行きました。突き当たりの廊下を出て外に出ると仮設の様に簡易な脱衣所と男女別の露天風呂が。11月の上旬には少し温すぎると感じる温度でしたがパイプからドバドバ注がれる温泉にいったん入れば、硫黄臭漂うつるすべの温泉は気持ちよいです。毎分1,000リットルの自噴泉の余り湯は白い温泉成分が付着した小川のように流れていました。露天風呂からの景色はとても爽快な気分になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
泉質:含硫黄・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム硫酸塩・炭酸水素塩温泉
10〜19時 タオル・歯ブラシ付き 500円
おおるり山荘HP http://www4.ocn.ne.jp/~ohruri/

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ