2010/12/24

湯の峰温泉 旅館あづまや  近畿の温泉

開湯は1,800年と伝わる温泉地、湯の峰温泉の中でも一際目を引く建物の旅館あづまや。
クリックすると元のサイズで表示します
民宿あづまや荘に宿泊すると、こちらのお風呂に夕方6:00以降〜、翌朝〜9:00迄無料で入浴することが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
内湯・風情ある浴室と風格のある槙風呂
源泉温度92.5℃ 自家源泉(環湯)を加水掛け流し。飲泉可能。
含食塩重曹−硫黄泉。無色透明、少たまご味、微渋み
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
左:さまし湯 源泉を適温に冷まして掛け流し。薄白濁、少硫黄臭、たまご味・少塩味、渋み 隣にある天然蒸風呂を眺めて
右:貸切風呂 空いていれば鍵を掛けて入浴できます。2ヵ所あり。弱く掛け流し。透明・薄茶湯華、少硫黄臭、たまご味・少塩味、渋み
クリックすると元のサイズで表示します
男女入れ替え後の翌朝の内湯
脱衣場に分析表があり別源泉のようです。公式HPでは自家源泉3本となっています。環湯源泉とほぼ同じ感触ですが、こちらのさまし湯は透明でした。
クリックすると元のサイズで表示します
薄ブルーに見える露天風呂
入浴時は紅葉とのコントラストが奇麗でした。白い湯華が多く掛け流しでした。

入湯日:2010.11月

住所:和歌山県田辺市本宮町湯の峰122
TEL:0735-42-0012
日帰り入浴:PM1:00〜PM3:00 700円
※今回は民宿あづまや荘に宿泊して無料。
0

2010/12/24

川湯温泉 仙人風呂  近畿の温泉

毎年11月頃〜2月末まで大塔川を堰き止めて入浴できる季節限定の無料露天風呂。
クリックすると元のサイズで表示します
河原のあちこちから温泉がポコポコ湧いています。

源泉温度73℃の単純泉に川の水を引き入れて40℃前後に調整しています。大規模な自然湧出泉に感動です。
基本的に期間中は無休ですが降雨量により利用できない場合があるので熊野本宮観光協会のHP等で要確認のこと。

入湯日:2010.11月

住所:和歌山県田辺市本宮町川湯
TEL:0735-42-0735(熊野本宮観光協会)
入浴時間:午前6時半〜午後10時まで 無料 P50台無料
男女別の簡易更衣室あり。コインロッカーなし。

熊野本宮観光協会HP
http://www.hongu.jp/index.html




0

2010/12/20

湯元山荘湯ノ口温泉  近畿の温泉

三重県の山奥、鹿入温泉から旧紀州鉱山のトロッコ列車に乗って湯元山荘湯ノ口温泉に行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
トロッコに乗って10分。車でも行く事が出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
湧出量は毎分1,200Lの豊富な源泉を湯元山荘では毎分320Lの供給量で源泉掛け流しです。
クリックすると元のサイズで表示します
内湯と露天風呂、家族風呂があります。
薄黄色で黒と赤茶湯華が多く、微金気硫黄臭のする温泉。
とても入浴感が良いです。
クリックすると元のサイズで表示します
家族風呂は内鍵を閉めると貸切にできる仕組み。
蛇口からは常に適温の源泉が流れ浴槽の湯は溢れ出していました。

入湯日:2010.11月

住所:三重県熊野市紀和町湯ノ口10
TEL:05979−7−1126
日帰り入浴:9〜21時 400円
トロッコ往復と温泉のセット券 600円
泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉

※休憩室はありますが食堂はなく売店にはカップラーメン程度しか置いていないのでご注意ください。
0

2010/11/28

和歌山湯巡り〜世界遺産の温泉など〜  近畿の温泉

「和歌山に湯巡りに行くなら11月が良いですよ」と教えられてから
ずっと懸案でしたが思い切って3泊4日で行ってきました。
高速道路を使っても10時間程かかる紀州は遠い国でしたが
気候は温暖で、温泉があちこちから湧き出している素晴らしい所
でした。行きは大阪方面の犬鳴山温泉から入湯し、花山温泉や本町温泉に行き和歌山ラーメンの井出商店で夕食をとり高速で移動して南紀の温泉付ホテルに宿泊しました。
翌日、崎の湯などの湯巡りをして、船で行く温泉、
勝浦のホテル浦島 山上館に宿泊しました。
硫黄臭のある白濁した良い温泉が海中から湧き出し
間近で波の音を聞きながらの入浴は迫力ものでした。

翌日はこれまた船に乗っていく温泉「らくだの湯」に行き
絶景と掛け流しの湯に感動。その後、魔境地帯を巡って
川湯温泉の季節限定「仙人風呂」で川から湧き出す温泉を楽しみました。
湯の峰温泉あづまやに宿泊し、世界遺産に認定された「つぼ湯」
川底から湧き出す温泉と共同湯を楽しみ宿の6つある風呂と民宿の風呂の湯巡り楽しみました。
翌日は入鹿温泉とトロッコに乗っていく三重県の秘湯、湯の口温泉に行き帰路は名古屋経由で高速道路に乗り新潟に戻りました。
クリックすると元のサイズで表示します
画像は南紀勝浦「らくだの湯」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ