2004/11/28

お勧め辞書  みんなの広場

「お勧め」というより、一般的な辞書紹介になってしまいました、スミマセン。電子辞書に関しては色々情報は入っているのですが、実際さわったことないので今回は書きません。私としては初心者にはまず紙の辞書をお勧めします。ご意見、あなたのお気に入り等、コメントしてくださいね〜。

【ポケット】
1) (ポケット)プログレッシブ西和・和西辞典──小学館(ピンクの表紙)
とりあえず辞書は1冊だけでなんとかしたい、という方に迷わずお勧めしたいのはコレ。「ずくなしクラブ」にも書いた「基本会話表現」のほか、語義に「地域差」の注釈もあり、小さいのにとっても便利。字が小さいのが難点だけど、けっこう使っています。

※ところで「すくなしクラブ」で役立たず扱いしてしまった「紺の表紙」のポケット辞典(白水社)ですが、改訂版が昨年11月に出ていたんですね〜。単語数が1)と同じくらいバーンと増えてました。どれだけ改善されているのかはわかりませんが。使ってる方いらしっやいますか?

【西和】
2) 『現代スペイン語辞典(改訂版)』白水社(白の表紙)
私が初めて買ったのはこれの古いやつで、ラ米の単語が充実していないのが不満でした。改訂版が出たので買いなおして、今使っています。新しい情報も載っていて使いやすいですが、単語がシラバで区切れてないのでアクセントを学ぶには不向きでしょう(→「アクセント」を参照)。

3) 『新スペイン語辞典』研究社(青の表紙)
私は持ってないので、ここに載せるのもナンですが、単語がシラバで区切れてるし、字が大きく読みやすいですね。引く気が起きる辞書?かも。例文が多く初心者にわかりやすいと評判です。

4) 『西和中辞典』小学館(レンガ色の表紙)
コレが私のお気に入りです。単語数が一番多くラ米の単語も豊富で、2)でラチがあかないときもコレでばっちり。悲しいことに旅の疲れでボロボロになり、処分せざるを得ませんでした。そのうち改訂版が出たら買おう、と気長に待っています。単語はシラバで区切れています。持ち歩くにはちょっとデカすぎ。

【和西】
5) 『和西辞典(改訂版)』白水社(グレーの表紙)
和西に関してはほとんど選択肢はありません。改訂前は色々問題あったけど、改善されているようですね。

私がこのサイトのコンテンツ作成にあたり、単語や文法事項の "確認作業" に使っているのは主に上記の1)2)5)と、『中級スペイン文法』白水社(深緑色の表紙)です。どこかのテキスト本をまる写し、というようなことはしていません(念のため)。あ、たまに本屋さんで "立ち確認作業" 、ということはありますが。
あ〜やっぱり4)も必要!欲しい!!
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2005/9/4  22:39

 

明らかに、「日本語をスペイン語に訳するための辞典」ではなく、「スペイン語を使うための辞典」を目指しているのに好感が持てる。
特に、同じ見出し語に対してさまざまな角度から用意された例文の多さは、有名どころの和英辞典にもまったく引けをとっていない。
また、... 

2005/9/4  22:32

 

"Hola"しか知らなかったスペイン語初心者の私が
中南米の旅に行くのに選んだ辞書がこれです。
大きさ、内容量、見やすさ、そして価格など全てにおいてmuy bien。
中に載ってる例文が豊富でこれらを片っ端からクチにしてみるだけでも通じますし
地域差も載っ... 

2005/8/21  1:08

 

ドミニカ共和国での仕事も終盤・・ってころ、後任とのやり取り。私「スペイン語の辞書は使ってないのがあるんですよ。日本から持ってくるのは重いと思うのでよかったら使ってください」後任「あ、電子辞書買ったので、間に合ってます」う〜む。時代ですなぁ。実際ここ最近... 

2005/7/26  15:02

 

カシオの「スペイン語電子辞書XD-LP7500」ですが、買ってからしばらくたつとやっぱり不満も出てきます。

第一にやはりスペイン語の収録辞書が白水社の西和/和西だけというのは寂しいです。普段、紙の辞書では西和中辞典を使っていたので収録語彙数の少なさにどうしても気... 

2004/12/22  23:54

 

実用的なスペイン語辞書が収録された電子辞書が今年に入ってから相次いで発売されましたね。それまでは、仏語、独語、中国語になぜかイタリア語があったにもかかわらず(しかも西語の母語話者は3億人以上と世界二位にもかかわらず!)まともな西語電子辞書がなかったので... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ