2007/1/31

フィッシングショー OSAKA 2007。  イベント

2月3日(土曜日)、4日(日曜日) の2日間、フィッシングショー OSAKA 2007が開催される。

場所は、インテックス大阪3号館、6号館。

毎年、多くの釣り人が訪れ、さしずめ日本を代表する釣りの祭典といったところ。

各メーカーのブースでは、既存のアイテムをはじめ、今年の新作アイテムがズラリと並び、僕たちアングラーは興味深々の眼差しで物色にあたる。

今年のダイワ精工は、既に雑誌で発表しているようにリールでは、セルテートハイパーカスタム、ブランジーノ3000、セルテートのカスタムパーツが目玉であり、ロッドはブランジーノ ・ ロックダンスカスタムが大注目である。

シーバスにはセルテートハイパーカスタム2500R、ショアジギングにはセルテートハイパーカスタム4000を充当する予定なのでじっくりと品定めをし、生粋の妄想族である僕は、想像の中でランカーとファイトを楽しんでこようと思う。

ブランジーノ3000。

いうに及ばず激渋い!

予算が回ればぜひ購入したいものだ。
とりあえず手の脂をたっぷりと付着させてこよう。

ブランジーノ ・ ロックダンスカスタムは、ヒラスズキ専用のスペシャルロッド。
ブランクにはダイワ精工の技術を余すことなくつぎ込まれ、ロッドアクションは荒れた磯で大型ヒラスズキを獲るためのハイパワー設計とされており、モデル最軽量でありながらもとんでもないポテンシャルを秘めたロッキーショアシャフトである。

ロッドの性能にとどまらず高級感漂う塗装を含め、他のロッドメーカーの追従も一切許さない仕上がりとなっている。

ヨダレをダラダラと垂らしながら、想像の中で巨大な磯マル(僕のホームではヒラスズキがほとんど釣れないもので・・・)をキャッチしてこようと思う。

毎年のことではあるが、今年もダイワ精工は実に誘惑の多いリリースである。
リアルフォーやモアザンの進化はとまることを知らない。


もちろん、煌びやかなショーの演出に多大な影響を及ぼしているキャンギャルも楽しみだ♡
これもじっくりと品定めを・・・。




0

2007/1/29

ラインシステム。  その他

2007年。

僕の今年のテーマには、簡単で高強度で結束部の小さいラインシステムの考案がある。

現在、僕が使用するラインシステムはオフショアノット。
強度はそこそこ強く、ものの10秒程で結束可能。
夜間の暗闇でも簡単に組むことができる。

だから僕は好んで採用している。

しかし、結束部は決して小さいとは呼べず、キャストの際には『ガリッ!』と音を発する。

最近はこれが少々ストレスに感じている。

結束部の小さいノットの代表にはFGノットがある。
多分、多くのアングラーから支持を得ているノットであろう。

僕の周りでは、けんぼーが好んで使用しているノットだ。

僕がFGノットを採用しない理由は、すでに雑誌などで紹介されるほどの確立されたノットだから。

どうせならオリジナルのノットを考案し、仮名 『貴公子ノット。』 なぁ〜んて命名したいと考えている。


道具好きのこれさんが考案したなら 『SMノット。』 が似合う。

縛り上手なけんぼーが考案したなら 『亀甲ノット。』 が似合う。


ノットの名前は何でも構わない。
重要なのはノットの実用性にある。

簡単で高強度でトラブルが少なくストレスのないこと。


ちなみに埼玉県好きの寅ちゃんが考案したなら・・・。


『西カワグチノット。』 で決まりだな☆






0

2007/1/27

我慢できず。  

1月26日金曜日深夜

低気圧の通過にともない、雨足が強くなってきていた。
しかし、最近まともなアタリを感じてない私にとって我慢の限界。まずは、貴公子宅にて作戦会議・・・・

予報では、23時から1時までの2時間のみ天候が一時的に回復と判明、行かねば釣れぬの精神。
貴公子に頼み込んで同行してもらう、いやいや着いてきてくれるのでドライバーは勿論私が・・・毎回申し訳ないm(__)m。

今回は、サイズよりもまず生命反応が濃い事を重点に考える。
冬の日本海は、海が荒れる事が多く、そのため福井新港や金沢港といった比較的波の影響が無く、水温が安定しているポイントへの釣行が楽しみになる。

そのため選んだポイントは金沢港。アクセス面が最大の魅力。

ポイントに到着。
まずは、ライト周りを重点的に調査。水面に目を配ってみていると・・・
間違いなく、何かがライズしている。

最近のお気に入りルアーをチョイス。

マリア メバトロボールSS/FS
風が強く時には、欠かせないアイテムになっている。

ライズの答えは、速攻出てくれた。


クリックすると元のサイズで表示します
サイズ的には、恥ずかしいが楽しいアタリ。
結構、ハマりますよ。


クリックすると元のサイズで表示します
アジーバスも混ざってきたよ\(^o^)/


クリックすると元のサイズで表示します
ぱっくりくわえているでしょ!!!
意外と面白い


クリックすると元のサイズで表示します
釣れることは楽しいですね!!!
今回の釣行に感謝しながらリリース。
眠くなってきたので、帰路につきました。

※本ポイントは釣り禁止場所ではありません。予めご了承下さい。
0

2007/1/26

『Salty!』シーバスオープン出場。  イベント

我々、TEAM シーバスハンターズは、2007 『Salty!』 シーバスオープンへの出場が決定した。

決戦は6月。

対戦チームの所属は、高知県、大分県、秋田県。
どの県も特級のフィールドを抱え込む。

その中でも高知県代表 “連合艦隊” の艦長さんからご丁寧にも早々のご挨拶を頂いており、既に冷戦が始まっているようだ。
力の限り、全力で戦わせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

このシーバスオープンは、『Salty!』 の前身である 『ルアー情報』 時代に遡ると名前こそシーバストーナメントではあるが、同様の大会が開催されていた。

それを含め僕自身3度目の出場。

その経験から、効率の良いプラの方法や決戦当日のプラン&ペース配分などを十分に承知しているつもり。

ホームのフィールドは、他都府県に負けず劣らずの実力を秘めているはずだから、勝運はいかに我々がその実力を開花させられるか?にあるとみている。

そんな意味で僕らはホームとして愛着のあるフィールドをどれくらい把握しているのか?あるいはどれくらい理解しているのか?の真価が問われる重要な大会と言える。


負ければ実力不足を認めざる得ない。
もう言い訳をして逃れることはできない。


だからTAEM シーバスハンターズの名誉と威信をかけ、徹底的に勝利へ執着しようと思う。


あっ!
でも今年まだスズキを1尾もあげてないや・・・。

アハハ・・。

ホントにこんな状況で勝てるのかなぁ...。。。







 

0

2007/1/25

メバってしまった!  

1月24日。水曜日。

今日もボウズなど恐れずにシーバスを狙いに出た。

場所は厳冬期でも割と水温が高いエリア。

産卵から明けた居着きのシーバスの有無を1時間ほどチェックする作戦だ。

同行者は、寅ちゃんと紫さん。
3人で絨毯爆撃のごとくルアーを撃ちまくることによって効率の良いチェックができる。

しかし、気配ゼロ。

でもこのところのボウズ続きで始めからその覚悟は出来ている。
余裕のよっちゃんだ。

じゃ、せっかくだからメバろうか。

メバる漁港に移動し、リグを作る。

タックルは、シーホーク・エクストリームエディション96MLにイグジスト3012をセット。
ラインは、モアザンセンサー(プロト)1.2号にリーダーとしてタフロンハイパー2号を接続。
リグは、マリアのメバトロボールFSにゼロヘッド。
ワームは、僕のお気に入りである月下美人シリーズのビームスティック2.2インチ。

メバル用の最強タックルで挑む!
どんな巨大なメバルがきても『恐くな−い!』


クリックすると元のサイズで表示します
目視ではメーバスの気配はなかったが、ボトムをチェックすると『ククク・・・。』ときた。


クリックすると元のサイズで表示します
メーバス用最強タックルとメーバス。
ドラグは1ミクロンも逆転しなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
手前はヒラマサキラーの紫さん。
メバル相手にもタックルはヒラマサ用。(ウッソぴょん)


クリックすると元のサイズで表示します
ドッヒャーー!遂に出た!
月下美人ビームスティックは2.2インチながらこんなメーバスもパクリと喰らい付く。
僕が好むようにメバルにも相当刺激的なようだ。


クリックすると元のサイズで表示します
紫さんもやりおった!
こんなメバルも見事に喰わせた。
イカツイ見た目ながら『顔は勘弁して下さい!』とのことで照屋でカワイイ紫さん。



クリックすると元のサイズで表示します
寅ちゃんもしっかりとキャッチ。
久しぶりに魚と戯れる。


『なんじゃ、この寒いサイズは!?』 とか 『クッソも面白くネー。』 とか 『何やこれ・・葉っぱか?』 とか、文句をダラダラ言いながらも、乗ったら乗ったで 『よっしゃ!』 とか 『喰った!喰った!』 とか言って、最後に 『ヤッター!釣れたぁ〜!』 が付いてくる。

何だ・・・コイツら本当は相当嬉しいんじゃないか・・・。
だったらメーバスさまの文句を並べるなよ・・・。

と、超〜久しぶりの魚の感触にこの夜は熱くなったのであった。


しかし、シーホークはあんなチビのバイトも弾かないでヒットに持ち込めるなんて・・・。
恐ろしい程のフッキングロッドティップを搭載しているんだな。
こりゃ〜シーバスのバイトも弾かない訳だわ。


納得。。。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ