2007/7/11

カタミノフクロツナギ  調査
クリックすると元のサイズで表示します
まぼろしの海藻,カタミノフクロツナギです。Tanaka (1963)が原記載して以降,全く確認されていませんでした。新日本海藻誌でも,標本がないことからスジコノリとの関連が指摘されています。明らかに直立し,スジコノリとは異なるようです。形は原記載の図とまさに同じです。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ