2007/10/11

ヨツデクロガシラ  研究室
クリックすると元のサイズで表示します

ヨツデクロガシラは胚芽枝の腕が二股分岐を二回して四本に見えますが,鹿児島以南で見ているものは,二股のみのものが多いようです。これは,嘉村(1963)のワイジガタクロガシラ(ヨツデクロガシラの異名)に該当します。観察していてやっかいなのが,同じヤツマタモクの気胞でも,複数のクロガシラ属藻類が着生していることですね。

0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ