2007/11/20

沖永良部島調査  調査
先週は北海道,今週は奄美群島の沖永良部島に来ています。今回は卒論で沖永良部島の海藻相を研究しているK畑君の調査で,金曜日までの滞在です。

K畑君は昨夜(月曜)鹿児島港出航のフェリーで沖永良部へ,月曜に講義のある私は今日(火曜)の始発の飛行機で沖永良部に向かいます。

飛行機の方が先に到着するので,レンタカー借り上げ,関係機関への挨拶,機材調達等を先に済ませます。昼前にフェリーが見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

早速,港近くの某所でアマノリの採集です。
サンゴ礁リーフの発達している沖永良部では,波あたりの激しい岩場の飛沫帯は岬やフーチャにありますが,危険すぎて近寄れません。人工護岸のテトラポット上が比較的採集しやすい場所になっています。
クリックすると元のサイズで表示します

この時期に生えているのは,亜熱帯性のタネガシマアマノリの可能性が高いですね。帰ってから観察しましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ