2008/1/15

マニラ郊外カビテでの調査  調査
プエルトプリンセサでの用務と調査を終了し,マニラに出てきました。今日は,マニラから車で1時間弱のカビテで朝からオゴノリの調査です。この地区では春にオゴノリを採取しています(ました)。現在はシーズンオフですが,最近の生育状況と在庫について漁業者から聞き取り調査をします。

クリックすると元のサイズで表示します
水上に建てられた建物群・・・生活排水も直接流れ,海岸の環境はよくありません。漁村環境のインフラ整備が望まれます(ただし,地区の会館があったり,レクレーション施設ができたりと改善しつつある)。

クリックすると元のサイズで表示します
竹で組まれた水上の建物群に入ります・・・足場が悪く,夜だったら私は海に落ちますね。このあと,漁業者に船で沖に行ってもらい,潜って調査してもらいました。

(注:調査として現地協力者と共に実施しています。観光地ではありませんし,治安もよい方ではありません。日本人旅行者が物見遊山で中に入ることは絶対お勧めしません。)

残念ながらオゴノリはありませんでしたが,興味深い調査でした。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ