2008/2/11

沖縄奄美の新種ちゅらしまもく  研究室
水圏植物の学術誌Botanica Marina(ドイツ)の今年の1号(2月発行)で,鹿児島,沖縄両県に生育するホンダワラ属藻類の新種Sargassum ryukyuense Shimabukuro et Yoshidaが記載(発表)されています。和名は「ちゅらしまもく」と命名されました。「ちゅらしま」とは琉球方言で「美しい島」という意味です。「もく」とは,褐藻ホンダワラ科や近縁の仲間の海藻を指します。

候補はいくつもあったようですが,沖縄を愛するS袋君(鹿大海藻研OB)の思いが伝わる名前です。

生育量の多い海藻ではありませんし,将来的には保全に対する施策が必要かと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真は,奄美大島某所でのちゅらしまもく群落です。鹿児島県水産技術開発センターT中氏のご厚意でご提供いただきました。
1

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ