2006/7/28

牛深調査2  調査
クリックすると元のサイズで表示します
アマクサキリンサイを採集に行きましたが,一番驚いたのはテーブルサンゴと褐藻アントクメの群生ですね。温帯性のコンブの仲間が亜熱帯性のサンゴと群生するのは見たことがありません。ここのサンゴ群衆は拡大傾向にあるそうですが,もしそうなら南限に近いアントクメ群落は徐々に衰退するのでしょうか。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ