2006/10/8

プーケッ・クラビー調査  調査
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今月は科研の調査でタイにきています。
プーケットからクラビーをへて,ランタ島まで車を運転しながらのサンプリングです。カセサート大の学生と二人旅ですが,今回は泥場の調査が多いので大変です!マングローブ,干潟,どんどん歩きます。
上の写真で泥の拡大図みたいなのがありますが,この中に固有種のGracilaria minutaが写っています。その大きさなんと3-4mm!これを広大な干潟の中で這いつくばって探します。
朝靄のアンダマン海(午前6時)も素敵でした。
干潟の上に立つのは漁業者の家です。養殖生け簀の上にもよく海藻が生えているので,訪問しては見せてもらいます。
ごくわずかですが,ランタ島には岩礁域もありました。お目当てのHydropuntia multifurcataとGracilaria rhodymenioidesもここで採集!ほしかった種類はほぼ採れました。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ