2007/5/30

笠沙町ライントランセクト調査  調査
鹿児島県水産技術開発センター漁場環境部との共同調査を笠沙町でおこないました。ライントランセクト法を用いて、沿岸から沖合230mにかけての植物群落と動物群集の垂直分布構造を調査します。今回は、197x年に水産庁事業で調査した場所と同じ場所で(かつ、同じ方法で)調査をおこなったので、約30年前との比較ができます。
ライントランセクト調査は、沖合までライン(測線)を引いた後で沖合(測線終点)からライン周辺で見られる生物と水深を記録していきます。ライン調査は見た目よりも体力勝負で、海況を判断する経験と水中で生物を分類していく知識が必要となります。

クリックすると元のサイズで表示します
230m付近です。ここが植物分布の限界のようです。方形枠内に海草が点在していますが、小さくてよく見えませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
ヤマトウミヒルモでした。
(9月16日筆者注:日本海草図譜では,葉の細い型をヤマトウミヒルモの亜種ノトウミヒルモとしています。笠沙の材料は,種のレベルでの同定はヤマトウミヒルモで問題ありませんが,亜種のレベルだとノトウミヒルモに該当します。ただ,ノトウミヒルモは裸名(ラテン語記載がない)ですので,正式に記載されてからになります)

クリックすると元のサイズで表示します
ヤマトウミヒルモより浅い場所は、アマモが優占する群落でした。

クリックすると元のサイズで表示します
アマモ場より浅いところ・・・・なんとサンゴが広がっていました。30年前の記録にはありません。なかなかの規模です。

クリックすると元のサイズで表示します
海岸に近いところはガラモ場でした。海草、サンゴ、ガラモ場と変化する垂直分布が見られました。このあと、各群落の密度を調べるために、方形枠内の生物を研究室に持ち帰り、生物量(種類ごとの乾燥重量)を測定します。N島君、測定の方、頑張ってください。終わってからゆっくり腰痛の治療をしてね。
なお、これらの写真は教育目的でこちらに掲示しておりますが、論文発表まで未発表扱いです。無断転載はご遠慮下さい。

二日目は突然海がうねりだして八割ほどの仕事量でしたが、なかなか興味深い調査でした。水技センターの皆様、どうもありがとうございました。
0

2007/5/29

藻類学実験終了  教育
3年生前期(のさらに前半)に開講している藻類学実験が今日で終了しました。受講生の皆さん、ご苦労様でした。
この学生実験には新鮮な亜熱帯性海藻を常に用いていますが、これは鹿児島という恵まれた環境のおかげです。我々の目の前には鹿児島湾が広がっているし、車で1時間走ると珊瑚もみられる薩摩半島南部に行けます。奄美や沖縄、トカラへもフェリーで行けます。ここは、亜熱帯と温帯の両方の海洋生物を勉強するのに最適の場所ですね。
3年生の皆さん、卒業研究で潜って研究したい場合はSCUBAのライセンスが必要になります。潜水士の免許もある方がよいでしょう。サークルなどですでに持っている人も多くいますが、まだの人はこの夏までに取得してしまいましょう。ただし、くれぐれも事故のないように。
0

2007/5/28

頴娃町海藻撮影  調査
今年は、地元紙の南日本新聞に「かごしま海の森」という海藻コラムを一年間連載しています。一回のコラムは約250字の文章と一日一種の写真と短いのですが、土日も含めた毎日の連載なので計約360回にもなり、ことあるごとに原稿を書きためています。写真の方は、形態を見せる場合は押し葉標本や生藻体の写真を用い、種によっては水中の生態写真を用いています。
というわけで、薩摩半島南部の頴娃町に撮影に行きました。薩摩半島南部は黒潮の影響を受けるため、亜熱帯性の海藻を多く見ることができます。写真はフイリグサです。この場所は、フイリグサ、イソノハナ、トサカノリが多いですね。
クリックすると元のサイズで表示します

夕方は、学部でアルゲンゼミナールがありました。今回はK畑君とU治君の計画発表と中間発表です。K畑君は初回ということもあり、多少緊張気味でしたね。U治君、発表はよかったですが、質疑応答で苦戦しましたね。二人とも悪くはなかったので、次回はさらによいプレゼンを心がけましょう。
0

2007/5/21

桜島袴越海藻採集  調査
5月末までは毎週火曜日に藻類学実験を開講しています。翌日の実験で使うマクサを採集しに桜島にいきました。昨日までの沖永良部の海と全く異なる温帯の海ですね。マクサは成熟してくれているし、テングサヤドリもついていて、よい材料がとれました。クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/20

沖永良部島調査  調査
クリックすると元のサイズで表示します
今日で沖永良部島調査も終わり。K畑君、N島君、お疲れ様でした。午後、学生二人はフェリーで一晩かけて鹿児島へ。私は所用があって飛行機で鹿児島へ。
クリックすると元のサイズで表示します
学生時代はフェリーをよく利用しましたが、飛行機だと1時間。さらば沖永良部島・・・・それにしても、沖縄よりも手前にあるのに飛行機代高すぎです。
クリックすると元のサイズで表示します
途中、薩摩硫黄島がよく見えました。
0

2007/5/18

沖永良部島調査  調査
クリックすると元のサイズで表示します
今年の卒研生に沖永良部島の海藻相を研究する学生がいます。というわけで、5月17-20日まで沖永良部島に来ています。私がこの島に来たのはリュウキュウオゴノリの調査以来になるので、4年ぶりです。
天候にも恵まれ、たくさん海藻を見ることができました。透明度が高いですね。水深23mでも海面の波が見えました。写真は、笠の部分から柄が伸びる「スズカケズタ」です(写真ではわかりません、ゴメンナサイ)。
クリックすると元のサイズで表示します
広大なさんご礁リーフが広がるウジジ浜にて。
0

2007/5/9

フクロミルとオオアミハ  調査
クリックすると元のサイズで表示します
いろいろな海藻が採れましたが、比較的名前が知られていてめずらしい種をふたつ紹介します。最初は緑藻のフクロミル。深いところに生えるミルの仲間です。本州では荒天時に打ち上げられたフクロミルを見ますが、九州南部では打ち上げを見たことがありません。


緑藻のオオアミハです。Segawa (1938)と同じ形をしています。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2007/5/9

南星丸馬毛島沖海藻調査  調査
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
附属練習船南星丸に乗船し、種子島沖の馬毛島近海で深所性海藻のドレッジ調査をおこないました。ドレッジ投入中はワイヤーの張り具合で海底の様子を探りますが、次回は水中ビデオROVを投入して海底の様子を撮影したいですね。
3月はあまり収穫物がありませんでしたが、今回は・・・・・・採れすぎです。ドレッジの網部分にまで張り付く海藻類・・・・どれも珍しい種類ばかりです。一回のドレッジで、大型バットとバケツ類が一杯になりました。
船舶職員の方にも手伝っていただきながらのソーティング作業です。皆さん、ありがとうございました。
0

2007/5/7

串木野市島平沖調査  調査
クリックすると元のサイズで表示します
私の研究課題ではありませんが、漁業基礎工学の先生に頼まれて海藻礁ブロックの海藻付着状況を調査しました。右下に見えるのは、分布南限のアントクメ群落です。
0

2007/5/2

串木野市羽島の調査(キレバモク)  調査
クリックすると元のサイズで表示します
串木野市羽島で藻場調査をおこないました。ここは、環境省自然環境保全基礎調査の調査地でもありました。それの事後調査も兼ねています。写真はキレバモクです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ