2007/9/27

グンセンクロガシラ  教育
鹿児島県の地方紙「南日本新聞」に,「かごしま海の森」と題したコラムを毎日連載しています。元旦から(新聞休刊日以外)一日も休まず掲載し,最近260回を超えました。毎回226字の原稿と,写真一枚(まれに二枚)を用意し,一日一種(有用種は一種で3日続けて書いたこともあり)を原則としています。一般の方に興味を持っていただくために専門用語はできるだけ避け,名前の由来や分布,鹿児島とのかかわりを紹介しています。

鹿児島には600種ほど生育しており,毎回撮りためた写真から選んでいますが,中には記述や写真に頭をかかえる種が(結構)あります。その例がこのグンセンクロガシラ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

胚芽枝の形態等が分類形質なので,外形を紹介してもクロガシラ属であることすらわかりにくいですね。かといって,この胚芽枝だけ写真で見せられても,一般の方はどんな海藻なのか想像もつかないでしょう。それに・・・胚芽枝を説明するだけでも226字の中のかなりの字数を占めてしまいます(かつ,文章として面白くない)。でも,名前の由来である軍扇(ぐんせん)状の胚芽枝を見せないわけにはいきません。別の種では,「イチメガサ」を紹介するときに同じように悩みました。そのときは,割り切って「市女笠」状の生殖器官だけのアップにしましたが。

わかりやすい文章の難しさを改めて認識した次第です。連載は大晦日までですが,来年は連載を基に図鑑を出版する予定です。頑張ってよいものにしたいですね。

*クロガシラ属に関しては,国立科学博物館のK山博士に有益なご意見を賜りました。ありがとうございました。
0

2007/9/25

学生室  研究室
クリックすると元のサイズで表示します

ある日の学生室。K畑君の机の上は標本の山ですね。新日本海藻誌を読んで同定しているところです。K本さんはデータ整理でしょうか。
(写真は以前のものです)
0

2007/9/21

集中講義終了  教育
18日から開講していました赤潮生物学が終了しました。4日間連続でご講義下さいましたH城先生に御礼申し上げます。

学生の皆さん,10月1日より後期が開講します。私の「藻類学(2年次後期)」では,藻類の体系や赤潮以外の藻類の分類,有用藻類の利用について講義します。毎週月曜日の1限に遅れないよう早起きしてください。
3年生で資源育成科学(現:水産生物海洋学分野と養殖学分野)に配属された学生は,研究室を来年1月頃までに決めなくてはなりません。海藻類に興味のある学生は,いつでも海藻研に見学に来て下さい。歓迎します!!!
0

2007/9/18

赤潮生物学  教育
Q州大学のH城先生をお招きし,18-21日の予定で「赤潮生物学」の講義を開講していただいています。赤潮の発生機構と防除に関する権威で,海藻研の大先輩にあたります。
初日,140名以上の学生が受講し,大盛況になりました。
0

2007/9/14

実験するK本さんと鹿大博物館研修会  研究室
クリックすると元のサイズで表示します
クロロフィルを抽出するためにDMFを分注するK本さん。
有機溶媒で発ガン性物質なので,取り扱いは慎重です。

夜は,鹿大博物館で来月開催する特別展「鹿児島湾の自然史」のためのボランティア研修会です。海藻について講演しました。
0

2007/9/13

国立科学博物館植物研究部  調査
国立科学博物館植物研究部を訪問しました。
クリックすると元のサイズで表示します

博物館自体は上野にありますが,植物の研究部門はつくば市にあります。K山博士の研究室を訪問し,収蔵標本を観察させていただきました。目的は科博が奄美調査をおこなった際の標本の観察です。見たかった標本は概ね確認することができました。

K山博士,ありがとうございました。

羽田発の最終便で鹿児島に帰りましたが,自宅に戻ったのは10時前でした。
0

2007/9/12

藻場の研究会  会議
新しく始まる藻場調査事業のために、6月に和歌山県白浜町で試行調査をおこないました。今回はその結果をふまえての検討会が東京でありました。

7名の海藻研究者が集まり,調査手法について検討しました。私が議事進行役を努めさせていただきましたが,皆さんの建設的なご意見でスムーズに進行させることができ,手法を取り纏めることができました。どうもありがとうございました。

内容については後日、日本藻類学会の機関誌「藻類」で,概要についてご紹介できればと思います。
0

2007/9/10

笠沙調査地点のサンゴの白化  調査
金曜に奄美で調査し,月曜は薩摩半島南西部の笠沙の調査です。メンバーは県水技センターのT中さん,Y満さん,村Tさん,T原さん,4年生のN島君です。

クリックすると元のサイズで表示します

春の調査と同じ場所に同じ長さ(270m)の測線を設置し,ライントランセクトをしました。海藻は枯死流失しているのは容易に想像していましたが,サンゴも・・・・

白化しています。いくつかは褐虫藻が少しのこっているようですが(これらは生き残るでしょう),完全に白化しているものも多いですね。高水温が原因でしょうか。

港でTBSが白化の潜水撮影のために取材に来ていましたが,別のサンゴの方に行ってしまいました。できれば,県と大学の学術調査の方も取材してもらいたかったですね。

N島君は,米粒のような付着器の残存を採集してました。計測よろしく。
0

2007/9/6

奄美調査  調査
奄美大島北部の笠利町に藻場調査に来ています。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿児島県水産技術開発センターの定点調査地点ですが,大規模なガラモ場に驚きました。
季節性は本土のガラモ場と異なるようです。今後の研究に期待しています。
0

2007/9/4

天草牛深調査  調査
クリックすると元のサイズで表示します
熊本県水産研究センターとの共同調査で,牛深の某所に行きました。ここは暖流の影響を受けやすく,九州最大のテーブルサンゴが形成されています。4年生のK畑君とN島君も驚きの規模です。

アマクサキリンサイとアントクメの調査に来たのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
2時間近く探して,アマクサキリンサイを見つけました。

アントクメは,どうも枯れてしまったようです。残念でしたが,他でちょっとした発見があったので,有意義な調査でした。来年は近傍の鹿児島県長島町でアントクメの季節変化を調べてみようと思います。

熊本県水産研究センターのご厚意に御礼申し上げます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ