2007/12/3

鹿児島藻場造成研究会公開シンポジウム  会議
平日に開催したシンポジウムですが,約100名の方が参加されました。佐賀県など県外や,県内でも与論島からお越しになった方もいました。

T京海洋大のF田大介先生のご講演は,先生が委員長をされていました水産庁の緊急磯焼け対策事業の概要の説明や,公共工事に関する興味深い内容でした。他に,不動Tトラ株式会社の方によるサンゴの増殖研究や,指宿漁協組合長による藻場造成(この場合は再生)の実践例,鹿児島県林務水産部からは藻場に考慮した港湾整備のあり方等の発表がありました。私も,鹿児島湾の藻場の分布と特性について紹介させていただきました。

各講演のつながりもよく,大変興味深いシンポになりました。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
ほぼ満員の会場。ピンぼけで手前に写っているのは私。ギリギリにスライドつくって、話しの展開を確認中です。

クリックすると元のサイズで表示します
コンビーナーのN呂先生。最前列におられるのはT京海洋大学のF田先生。

*写真は鹿児島県水産技術開発センターの方からいただきました。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ