2008/11/30

ミクロネシア連邦ヤップ州学術調査4  調査
7年ぶりに訪れたウルシー環礁・・・また来ることになるとは思っていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
チャーター機から見たモグモグ島
定期船が見えます。マイクロスピリッツに代わる新船ですが、いきなりの故障で数ヶ月ぶりの物資補給とのことでした。物資が途絶えていた影響は深刻で、島には缶詰すらない状況でした。

クリックすると元のサイズで表示します
ファララップ島の海岸
環礁にはいくつか有人島がありますが、滑走路のあるファララップ島には公共の電気が整備され、10台ほど車が走っています。

クリックすると元のサイズで表示します
我々が宿泊した家
酋長さんの娘夫婦の家にお世話になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
聞き取り調査の傍ら、ファララップ島のリーフでライントランセクト調査をおこないました。
リーフが100mほどありますが、末端はほぼ垂直に水深数百メートルまで落ち込んでいます。引き込まれるような透明度の高さです。

クリックすると元のサイズで表示します
スズカケモ
海藻は多くありませんでしたが、スズカケモやサボテングサ類が見られました。

クリックすると元のサイズで表示します
5日間の滞在を経て、チャーター機でヤップ島に帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します
機内の様子

ヤップ島に戻ってからは、南部のギルマン地区で調査をおこないました。
クリックすると元のサイズで表示します
ギルマンの男性用集会所。なかなか立派です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらでもライン調査をおこないましたが、見渡す限りのアマモ場は圧巻でした。

なかなかハードな調査でしたが、一人も体調を崩すことなく全ての目的を達成し、帰国できました。世界各地を渡り歩いている方々ばかりでしたので問題ありませんでしたが、海外初心者の人は絶対ムリですね。
なお、すべて州政府と伝統的な酋長会議の許可を得て実施しています。特にウルシーやファイスは許可なしに入れませんのでご注意下さい。
0

2008/11/30

ミクロネシア連邦ヤップ州学術調査3  調査
ガギール地区での調査を終了し、州都コロニアで一泊した後にファイス島に移動しました。
10人乗りのビーチクラフト機で約1時間の旅程です。

クリックすると元のサイズで表示します
絶海の孤島といった場所で、礁池(イノー)がほとんどありません。人口は300人で、ホテルはありません。ここでは学校の先生宅に泊めてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
女性の集会所
ファイス特産のラバラバ(腰巻)を作っています。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでも聞き取り調査です。島嶼域社会学がご専門のN嶋教授が質問されています。

クリックすると元のサイズで表示します
島には小(中)学校がひとつあります。灯りはランプか自家発電ですが、学校と一部の家屋に太陽光発電が最近整備されました。学校ではパソコンが動くようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
学校の太陽光発電装置

クリックすると元のサイズで表示します
水は雨水を貯めて使います。写真は雨水をためるタンク。
ミネラルウオーターのペットボトルはありません。我々も雨水を湧かして飲みました。

クリックすると元のサイズで表示します
お酒は、ココナッツの花穂から採水した液を発酵させたツバという飲み物があります。ツバを作っているところ。

クリックすると元のサイズで表示します
ファイス島は、終戦まで日本人がリン鉱石を採取していました。日本人の居住後やリン鉱石の採石場、工場跡が残っています。積み見出し場所の跡にて。

クリックすると元のサイズで表示します
リン鉱石の工場跡
木々で覆いつくされています。象徴的な光景ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
5日間の滞在を経て、次の目的地であるウルシー環礁に向かいました。ファイス空港の発着ロビー(!)にて、迎えの飛行機を待つ調査隊員。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ