2008/6/12

オオバロニア  研究室
オオバロニアに関心をお持ちの方が多いようですので,私達の調査で見られた写真を2点紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
インドネシア,マナド市沖のブナケン島

クリックすると元のサイズで表示します
沖永良部島,和泊町

熱帯域に広く分布し,日本では主に南西諸島で見られます。サンゴ礁リーフ内外の岩の割れ目にひっそりと生育します。大型の多核単細胞藻類です。

まるで海の宝石ですね。熱帯の海には,息をのむような美しい形態の海藻が多く生育しています。マガタモ,カサノリ,ハナノエダと並び,調査で学生が見つけると必ず大騒ぎする海藻です。

かごしま水族館で見られます。
http://diary.jp.aol.com/applet/seaweedresearch/200805/archive
詳しくは5月の記事をご覧下さい。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ