2008/6/18

徳之島調査  調査
鹿児島を午後6時に出港するフェリーに乗り,徳之島にやってきました。早朝に名瀬に寄港し,午前9時に到着です。私達は下船しますが,フェリーはこのまま沖永良部,与論,本部,那覇へ向かいます。

徳之島ではこれから21日まで海藻相の調査をおこないます。
故・田中剛先生(初代教授)が1966年に海中公園候補地選定のための調査をしましたが,すでに40年が過ぎました。T屋君が現在の生育状況を調査し,卒論として過去の結果と比較します。私はオゴノリ科やいくつかのグループの材料採集と,図鑑の写真撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します
晴天の畦(あぜ)プリンスビーチ

これまで雨男として研究室内で言われ続けたT屋君ですが,梅雨明けした沖縄と同様に徳之島も快晴です。夏ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
リーフの中。T屋君,よかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ベニヤナギノリ

リーフ内はキツネノオが優占していましたが,リーフエッジの割れ目などではベニヤナギノリを多く見かけました。水中で白く輝く美しい海藻です。天候もしばらくよいようで,明日以降も楽しみです。

備考:調査は,鹿児島県大島支庁,徳之島漁業協同組合に連絡した上で実施しています。調査に関してご助言下さいました関係者の皆様に御礼申し上げます。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ