2008/6/27

日本応用藻類学研究会春季シンポジウムとAlgal Resourcesの刊行  学会
日本応用藻類学研究会(会長:N登谷東京海洋大学教授)の春季シンポジウムが6月21日、東京海洋大学で開催されました。鹿大からはN呂先生が出席しました。私は調査と重なってしまい、残念ながら出席できませんでした。

また、同会の学術誌Algal Resourcesが6月1日に創刊されました。今後は年2回の刊行の予定です。応用藻類学分野の原著(論文)、短報、総説の他に、「調査報告」というカテゴリーがあります。これは民間や都道府県の試験研究機関のおこなう様々な「調査」を記録に残すことを意図して設定されました。ご関心ある同会会員(が含まれていればok)の方に、積極的な投稿をお勧めします。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ