2008/6/26

志布志藻場調査  調査
K児島県水産技術開発センターとの共同調査を志布志でおこないました。

クリックすると元のサイズで表示します
夏井漁港沖でライントランセクト調査をおこなった後,志布志湾の沖合に浮かぶ某島に向かいます。ここに広大な藻場があることを漁業者から聞いていますが,これまで本格的な調査をしていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ウスバモク
島の北東側のみの調査でしたが,ガラモ場が見渡す限り広がっていました。特に,鹿児島であまり見ることの出来ないウスバモクが大群落を形成しています。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラモ場には少なくとも5-6種のホンダワラ属藻類が生育していました。Zonationもはっきりしており,水深6m前後から10mにかけてはウスバモクが優占しています。浅いところはヨレモクモドキや亜熱帯性種が混生していました。

ここは改めて調査をする予定です。
1

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ