2008/7/4

淡路島で2回目の調査  調査
S産大学校のM瀬先生、M重大学のK島先生、S戸内水研のY田博士と私の4名で、淡路島某所で調査をおこないました。詳細については某役所の発表までお待ち下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
一見するとべた凪の海岸が・・・

汐の流れが変わると瞬く間に濁り、うねりが入り・・・

クリックすると元のサイズで表示します
この状態でも潜れるように見えますが、実は透明度1m未満です。地形が複雑で浅く、うねりもありました。このような調査は、浅い場所の方がやりにくいですね。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ