2008/7/7

日南市のトゲキリンサイ漁  調査
今年度は、九州各地で地域内消費される海藻を調査しています。ノリやワカメ等を除き、地域内で採取・消費されるような海藻類は統計資料に出ることが少なく、現状について十分に把握されていません。

M崎県水産試験場と共同で日南市のトゲキリンサイ漁を取材しました。日南海岸では、ムカデノリと称してトゲキリンサイを採取しています。この地域でのみ見られる食文化です。

クリックすると元のサイズで表示します
梅雨明けした九州南部。波も穏やかでした。

クリックすると元のサイズで表示します
収穫されたトゲキリンサイ

クリックすると元のサイズで表示します
小石等を取る作業はすべて手作業でした。匍匐根の出るトゲキリンサイの場合、気の遠くなる作業です。ていねいな作業でした。左側で足だけ見えているのは、熱心にメモをとる4年生のY富君です。

取材させていただきました漁業者の方、宮崎県水産試験場のA竹研究員、S島研究員に御礼申し上げます。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ