2008/7/12

大隅半島でのオキチモズク調査  調査
淡水植物に詳しいKごしま水族館のM氏にご案内いただき、大隅半島のオキチモズク群落を調査しました。

クリックすると元のサイズで表示します
某所での生育状況

オキチモズクはコンクリート三面貼りの用水路等で多く見られますが、この場所では自然河川の源流部でした。これが本来の生え方かもしれません。

大型藻類の場合は海産、淡水産(車軸藻を除く)を問わず見るようにしていますが、水草はこれまで真面目に見たことがありませんでした。面白いですし、生育地の減少等の点では海藻以上に緊急性が高いと感じます。充実した土曜日となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
セキショウモ(水面が鏡のようです)

ご案内下さいましたM氏に御礼申し上げます。今度は海の調査に一緒に行きたいですね。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ