2008/8/24

オキチモズク  調査
鹿屋市と垂水市のオキチモズク生育地を再び見に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿屋市某所のオキチモズク生育地

ここ数日の大雨でかなり土砂が堆積していましたが、見つけることが出来ました。幼体らしき個体もあったので、新規加入個体なのかもしれません。ただ、アマノリのように短期間で成熟と加入を繰り返しながら群落を維持している可能性もあります。

夏休みの日曜日ということで、湧水地は子ども達の水遊び場所になっていました。

垂水市の生育地の方は・・・・ものすごく細いあぜ道を登っていくのですが、あやうく脱輪するところでした。小型車でしか入っていけないですね。

0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ