2006/8/22

北海道大学海藻標本庫SAP  研究室
クリックすると元のサイズで表示します
調査も一区切りということで,北大大学院理学研究院の海藻標本庫に行きました。日本で最も収蔵数の多い海藻標本庫でタイプ標本も多く収蔵されています。文献だけでは同定しにくい種類も,ここで標本を確認することができます。昨年,長島の水深30mでホシガタウスバノリという希少種を採取しましたが,ここの収蔵品とどうやら同じようです。ただ,標本庫の標本が正しいとは限りません。私の専門分野の海藻標本をチェックし,誤同定にはannotationを貼っていきます。これも分類学者としての仕事です。
鹿児島大学と北海道大学の海藻研究室は歴史的に深いつながりがあります。ここや函館(大学院水産科学研究院)に来ると学生時代を思い出しますね。北大名誉教授のY田先生や九大のK口先生もご滞在中で,にぎやかでした。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ