2008/6/26

志布志藻場調査  調査
K児島県水産技術開発センターとの共同調査を志布志でおこないました。

クリックすると元のサイズで表示します
夏井漁港沖でライントランセクト調査をおこなった後,志布志湾の沖合に浮かぶ某島に向かいます。ここに広大な藻場があることを漁業者から聞いていますが,これまで本格的な調査をしていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ウスバモク
島の北東側のみの調査でしたが,ガラモ場が見渡す限り広がっていました。特に,鹿児島であまり見ることの出来ないウスバモクが大群落を形成しています。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラモ場には少なくとも5-6種のホンダワラ属藻類が生育していました。Zonationもはっきりしており,水深6m前後から10mにかけてはウスバモクが優占しています。浅いところはヨレモクモドキや亜熱帯性種が混生していました。

ここは改めて調査をする予定です。
1

2008/6/23

長島アントクメ調査  調査
鹿児島は連日の雨ですが,天候が回復した月曜日にアントクメ調査をおこないました。M1のS野さん,N島君,4年生のM崎君の調査です。

クリックすると元のサイズで表示します
長島某所のアントクメ藻場

クリックすると元のサイズで表示します
生育試験の藻体を測定するN島君とM崎君。食害はどうですか?

クリックすると元のサイズで表示します
水深ごとの光量を測定するS野さん。梅雨時期の濁りはひどいですね。

一泊二日の内容を一日で終わらせた3人。お疲れ様でした。

0

2008/6/22

徳之島調査  
引き続き,島内各地で海藻生育調査をおこないました。

クリックすると元のサイズで表示します
サンゴ礁リーフ外縁付近で最も見られたのはキクヒオドシでした。

クリックすると元のサイズで表示します
希少種もいくつか確認できました。緑藻のタンポヤリは南西諸島各地に分布しますが,あまり見かけない希少種です。写真は水深10mで撮影したので青みがかっていますが,浅場にも生育していました。

クリックすると元のサイズで表示します
リーフの外側は壁のように落ち込んでいる場所もあります。注意深く観察するT屋君

クリックすると元のサイズで表示します
水深5-10mに広がるフタエモク/トサカモクの藻場
リーフの発達していない場所では,漸深帯にガラモ場が見られました。海底はなだらかに傾斜しており,大きな藻場です。

クリックすると元のサイズで表示します
コナハダフデノホ
昨年6月に硫黄鳥島で見つけましたが,徳之島では比較的浅い場所で見ることができました。フデノホより一回り太いようですが,表面の構造の違いも肉眼で見えます。
硫黄鳥島のコナハダフデノホ
http://diary.jp.aol.com/applet/seaweedresearch/20070619/archive

クリックすると元のサイズで表示します
アマモ場と呼べるような場所は多くありませんでしたが,某トライアスロン会場の海底はアマモ場でした。大会の前々日,選手の練習をじゃましないように採集しました。

クリックすると元のサイズで表示します
オキナワモズク
生育時期としては末期になりますが,この場所ではオキナワモズクが大量に生育していました。「何故ここだけ?」と地元の方が言っておられましたが,アマモ場であることや,海底からの淡水の湧水等が成立要因となっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
大会よりも一足先にゴール!のT屋君
最初はぎこちなかったT屋君も,後半は見つけにくい海藻を採取するなど,頑張ってくれました。

おまけ
クリックすると元のサイズで表示します
好奇心旺盛なウミガメで,我々のまわりを旋回していきました。
0

2008/6/18

徳之島調査  調査
鹿児島を午後6時に出港するフェリーに乗り,徳之島にやってきました。早朝に名瀬に寄港し,午前9時に到着です。私達は下船しますが,フェリーはこのまま沖永良部,与論,本部,那覇へ向かいます。

徳之島ではこれから21日まで海藻相の調査をおこないます。
故・田中剛先生(初代教授)が1966年に海中公園候補地選定のための調査をしましたが,すでに40年が過ぎました。T屋君が現在の生育状況を調査し,卒論として過去の結果と比較します。私はオゴノリ科やいくつかのグループの材料採集と,図鑑の写真撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します
晴天の畦(あぜ)プリンスビーチ

これまで雨男として研究室内で言われ続けたT屋君ですが,梅雨明けした沖縄と同様に徳之島も快晴です。夏ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
リーフの中。T屋君,よかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ベニヤナギノリ

リーフ内はキツネノオが優占していましたが,リーフエッジの割れ目などではベニヤナギノリを多く見かけました。水中で白く輝く美しい海藻です。天候もしばらくよいようで,明日以降も楽しみです。

備考:調査は,鹿児島県大島支庁,徳之島漁業協同組合に連絡した上で実施しています。調査に関してご助言下さいました関係者の皆様に御礼申し上げます。
0

2008/6/13

北大の院生が参加した馬毛島沖海藻ドレッジ調査  調査
北海道大学大学院理学院の系統進化学講座の院生2名が南星丸の馬毛島沖海藻ドレッジ調査航海に参加しました。昨年に引き続き2回目の乗船です。

鹿大海藻研と北大,お茶の水女子大との共同研究です。

クリックすると元のサイズで表示します
ドレッジ中のひととき(補助で参加してくれた漁業基礎工学のK谷君はブリッジでした)

梅雨前線が発達し,低気圧も通過する最悪のコンディションでしたが,ドレッジを4回,CTDを1回おこなうことができました。材料も採取できました。

クリックすると元のサイズで表示します
揺れる中でのソーティング作業

ドレッジ中は全員踏ん張りました。ギリギリまで頑張って,作業終了とともに船酔いするダウンする学生を見ると,研究者根性を感じます。私は足が悪いのでしゃがんで作業はせず,全体の指揮に徹しました(ゴメンナサイ)。
鹿児島湾まで避難する間は相当揺れました。収納している食器が落ちて割れたのは初めてです。湾内に入ってからは波も落ち着き,ソーティング作業を再開しました。終了する頃には日付が変わってました。

研究室に戻ってからも作業は続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
過去の冷凍サンプルを分けている北大のY崎君,T延君

他大学から院生が来て実験する姿は,海藻研の学生にとって大いに刺激になったことでしょう。また来てください。

南星丸の船長以下,船員の皆様に御礼申し上げます。
0

2008/6/12

オオバロニア  研究室
オオバロニアに関心をお持ちの方が多いようですので,私達の調査で見られた写真を2点紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
インドネシア,マナド市沖のブナケン島

クリックすると元のサイズで表示します
沖永良部島,和泊町

熱帯域に広く分布し,日本では主に南西諸島で見られます。サンゴ礁リーフ内外の岩の割れ目にひっそりと生育します。大型の多核単細胞藻類です。

まるで海の宝石ですね。熱帯の海には,息をのむような美しい形態の海藻が多く生育しています。マガタモ,カサノリ,ハナノエダと並び,調査で学生が見つけると必ず大騒ぎする海藻です。

かごしま水族館で見られます。
http://diary.jp.aol.com/applet/seaweedresearch/200805/archive
詳しくは5月の記事をご覧下さい。
0

2008/6/10

藻類学実験開講  教育
学部3年生向けの藻類学実験が今日から開講しました。毎週様々な藻類(や海産顕花植物)を観察していきます。3年生の皆さん,どうぞよろしくお願いします。
痛み止めを飲んで,ようやく普通に歩けるまで回復しました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の材料はイシクラゲでしたが,生育していた場所の写真を掲載しておきます。写真は奄美大島の宇検村ですが,水産学部のグランドにもたくさん生育しています。探してみましょう。

昨年は,口之永良部島の小学校の校庭でも沢山見かけました。
http://diary.jp.aol.com/applet/seaweedresearch/200704/archive
0

2008/6/8

南さつま市オクチモズク調査  調査
4年生のN田君が教育実習の合間の日曜日にオキチモズクの生育調査をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

私の方は持病の発作が引かず,日常業務にはもう少しかかりそうです。
0

2008/6/7

奄美調査の記事  調査
7日付の南日本新聞朝刊に、琉球大学名誉教授K村先生の海藻海草調査の様子が掲載されています。
また、パンダマークの某団体による南西諸島生物多様性調査の会議と講演会が、奄美文化センターで本日開催されます。講演会の方は公開・無料です。

筆者注(6/8):6月8日付の南日本新聞朝刊にも上記会議、講演会の様子が報道されています。
0

2008/6/5

奄美大島調査  調査
琉球大学名誉教授K村先生の奄美大島調査に参加しました。
パンダのマークでおなじみの国際的な自然保護団体による調査の一環です。一週間かけて島内各地で調査をおこないます。私は講義の関係で5日目で鹿児島に戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します
瀬戸内町某所にて。エントリーされるK村先生。

ご退官されて何年にもなる先生ですが、ウエットスーツに着替えられて自ら潜水調査されます。先週からの持病の悪化で20mも歩けない私(よく奄美まで行ったと家族も呆れている)よりもはるかにお元気です。

クリックすると元のサイズで表示します
Haloduleの群落。この場所には他にウミヒルモ、オオウミヒルモが生育していました。

クリックすると元のサイズで表示します
ラッパモクの群落
ちょうど本種の繁茂期にあたり、各地で見られました。


淡水植物の調査
海産植物だけではなく、淡水、塩水性植物の調査もおこないました。
クリックすると元のサイズで表示します
奄美大島某所のオキチモズク群落
オキチモズクは環境省レッドリストの絶滅危惧I類に登録されています。
九州の群落と同様に、人里の小川に生育していました。ただし、生育範囲はあまり広くありません。何らかの保護対策が必要かと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
奄美大島某所のカワツルモ群落
カワツルモは環境省レッドリストの絶滅危惧IB類に登録されています。
本種が生育できるような場所は島内に少なく、この一ヶ所のようです。地元で長年植物調査をされているT畑氏に生育地を案内してもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
生育の様子。本種確認の記事は、奄美群島の地方紙である南海日日新聞6月5日付紙面に掲載されました。興味のある方はご覧下さい。

K村先生、調査会社のY田氏、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ