2010/5/10

(無題)  


時折。


誰の所為でもなく


自分の言葉の重さの無さを痛感して嘆いたり。





心境・感情を言葉にするのは僕にとっては難しい。
不可能とすら思う。
すべてを言葉で伝えるのは無理に近い。


だからこそ、本当に相手に伝える時は言葉をひとつひとつ選ぼうとする。









けど、





100%なんて伝わるはずもなく。











自分の言葉の感情の無さ
気持ちとは裏腹に僅かしか伝わらない時



諦めよりも後悔に近くなる。
















僕にとっては





伝えようとしてやみくもに言葉を並べるのも
シンプルにストレートに言葉を選ぶのも







同じ軽さでしか伝わらない。




決して伝える事を諦めるのではなく



伝えた事を後悔してしまう程に。














日本人に生まれたからじゃなく
例え英語で話す国に生まれても
きっとどんな言葉を話せても、軽さは変わらない。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ