2008/6/22

最近は電池が入れづらい!  プラレール車両

副都心線購入記事のコメント欄でも触れましたが
最近のプラレールは電池入れにドライバーが必須です。
先日購入したばかりの副都心線もやはりドライバーが必要でした。

ちなみに副都心線7000系は昔の型を使っているので
ドライバー不要かと思われましたが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
こんな蓋が!
何もそこまで徹底しなくても・・・と思いますが
この厳重っぷり。
今後発売される車両も全て要ドライバーとなる事でしょう。


ただ、この7000系タイプの蓋であれば
クリックすると元のサイズで表示します
蓋を外しても、走行に全く問題無し。
後は自己責任です。(笑)

これが下から入れるタイプだと電池が落ちてしまうので
蓋をしなくてはなりません。

どうしても今後の車両に蓋を付けるなら
上から蓋をするタイプにして
購入者に選択の自由を与えて欲しいものだと思いますが
いかがでしょうか?

1
タグ: プラレール



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ