2007/7/31

サウンド検査イーストアイセット  プラレールセット

そろそろ店頭でもあまり見かけなくなってきた
『サウンド検査イーストアイセット』
ヨドバシで安かったのでつい購入してしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
新幹線では初めてのサウンドプラレールという事で
気になるサウンドをONにしてみると…
「ガガ〜ビューーーーン!! 只今時速285キロで走行中!!」
「検査異常なし!」
結構うるさいです
サウンドプラレール史上最もうるさいかも(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
でもマークはシールではなくちゃんと印刷されてるし
クリックすると元のサイズで表示します
中間車は取り外せるし。結構凝ってます。
真ん中と右のプラキッズが付属のもの。
右のプラキッズは人間ではないような?

車体も『こまち』や『つばさ』などのE3系の流用かな〜
と思ってましたが、完全新規っぽいですね。

セットに付属の信号所も
後ろのストップレバーと連動して信号が変わります。
クリックすると元のサイズで表示します
車両以外特にセットオリジナルの商品はありませんが
なかなか楽しいこのセット。
さらに洗車場なんかが欲しくなりそうです。(^^
53
タグ: プラレール

2007/7/23

はやて&つばさダブルセット  プラレールセット

先日トミカ・プラレールビデオ2007を貰いましたが
その時購入したのははやて&つばさダブルセットと
トレインケースでした。
クリックすると元のサイズで表示します

はやては嫁さんの故郷である青森県八戸まで、
つばさは先日旅行で立ち寄った
山形県の新庄まで走っている新幹線です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
はやてはE2系なのですでに持っているやまびこと
マークと帯の色が違うぐらいしか
あまり変わりはないんですが
赤帯よりピンクの方がスカート部の紺色と
合ってる気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
つばさも先日の旅行で間近で見たせいか
以前よりも親近感が湧く車両となりました。
連結器があるのでE4系MAXと合体できます。

クリックすると元のサイズで表示します
銀色のボディにつばさ輝くつばさのエンブレム。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは青森特産のりんごのエンブレム。


クリックすると元のサイズで表示します
同じ車両でもやまびことは違って見えるのが不思議。
ともかくこれでJR東日本の新幹線が大分揃って来ました。
あとは11月に発売されるアニバーサリーセットが気になりますね。
30
タグ: プラレール

2007/7/22

「トミカ・プラレールビデオ2007」ゲット!  販促品

昨日から『トミカ・プラレールビデオ2007』の配布がほぼ始まったようで
うちもヨドバシAKIBAでゲットしてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
待ちこがれたこのDVD、ちなみに大方の予想通り
3,000円以上の購入でプレゼントとの事でした。
うちでは去年買っていないので詳しくはわかりませんが
例年通りといった感じなんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
裏面はこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
中を開けるとこんな感じ。
特にこれといって説明書もなくシンプルな中面です。

早速DVDプレイヤーにセット。
そして気になる内容は…
(以下はネタバレのため要注意です。)
続きを読む
52
タグ: プラレール

2007/7/21

N700系試作Z0編成新幹線  プラレール車両

今日も今日とて我が家の車両をご紹介。
クリックすると元のサイズで表示します
103系総武線に続いて入線したのはN700系試作Z0編成。
いまとなってはベーシックセットが発売されたN700系ですが
ちょっと前までは特注車両でした。
そのためベーシックセットのZ1編成とは微妙に型番が異なります。

クリックすると元のサイズで表示します
新規金型を使っているので写真の通り、
今までとは違い下からドライバーを使って
電池を入れる仕組みになっており、
小さな子供では電池を外せないようになっています。

プラレールの世界でも『新』なN700系。
実車にも早く乗ってみたいものですね〜。
クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: プラレール

2007/7/18

プラレール 総武線103系  プラレール車両

プラレールの中で好きな車両といえば
もちろん新幹線なのですが
千葉県出身&在住の自分としては
総武線の車両も見過ごせません。

クリックすると元のサイズで表示します
その中でも特に103系の総武線はクオリティが高く
お気に入りの車両のひとつです。
今走ってる総武線ももちろんいいのですが
やっぱり昔自分が乗っていた総武線は感慨深いものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
今となっては走っている姿は見かけませんが
こうしてプラレールで再び出合えるのは嬉しいものです。

ただひとつ難点をいえば、動力車のスイッチを入れようとすると
屋根の塗装とあたってはげちゃう事。
「made in china」のクオリティの低さはちょっと悲しいものがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
5
タグ: プラレール



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ