2007/9/9

エネループを使ってみました  プラレール実験

プラレールの悩みといえばやっぱり電池の消耗
我が家でも使用済みの電池が山積みです。

このままでは環境にも良くない!

そう考えた結果、充電池を導入する事を決意しました。
ネットで検索し、最安値の店を発見し、早速購入。

5,000円以上で送料無料との事なので
充電器と単三電池12本、
さらに単二電池にするためのスペーサーも購入。
しめて5,200円ちょっと。


そして本日商品が届きました!
クリックすると元のサイズで表示します
待望の充電池エネループです。

以前おもちゃ用のtoycellという充電池を
導入した事がありましたが出力が低く、
プラレールがあまり早く走らない上に
すぐ電池がなくなり散々でしたが、
評判のエネループ君という事もあり、期待大です。


早速プラレールに使ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
なんとなく大人のプラレールといった感じが・・・。
届いた時に充電済みなのはありがたいですね。

気になる出力はなかなかのもの。
特別に早いわけではありませんが、
アルカリ電池とマンガン電池の中間ぐらいかな?
フル充電したらもう少しパワーアップするかも!?


そして次はスペイサーが使えるかどうか。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらはL特急で試してみました。

クリックすると元のサイズで表示します
全く問題無し!
このスペイサー、両端が空洞なのですが、
100円ショップのスペイサーと違って
長さが変わらず総てのプラレールに適応しそうです。


ちなみに100円ショップのスペイサーはこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します
エネループのスペイサーよりしっかりしていますが
長さが変わるのでプラレールによっては使えません。
それでも2個100円なのでエネループのよりお得!
これはシルク100円ショップで購入しました。


以上でエネループのレポートはおしまいです。
充電池は基本的にプラレールに使ってはいけない
と言われていますが、そこは自己責任という事で。

エネループの使用感は正直期待していた程の出力ではなかったものの
(元々エネループは他の充電池より出力が低いので)
電池の持ち具合や放電の少なさなど
期待できる点は多々あります。

ちなみに自分が購入した店はココでした。
左のメニューバーでご紹介してる店も安いのですが
5,000円以上で送料無料につられてこっちで購入(笑)


なんにせよ、これで電池を求めて
100円ショップに行かなくて済むのが
一番嬉しい事かもしれません。(>▽<;;


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ