2010/2/28

さよなら500系新幹線のぞみ  鉄道関係

今日は500系新幹線のぞみの引退日。

クリックすると元のサイズで表示します
明日からは地元で見られなくなるとあって
大勢の人が駅に詰めかけました。

クリックすると元のサイズで表示します
駅ではホームに人が入れない程の混雑。
駅の職員さん達もお客さんへの対応で大変そう。

クリックすると元のサイズで表示します
そして500系が入ってくると
お客さん達はさらにヒートアップ。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがのワルーダもこの人の多さにはどうする事も出来ない様子。
今回は遠くから眺める事しかできません。

クリックすると元のサイズで表示します
お別れが近づく頃には辺りはすし詰め状態。
人気車両だった事が伺える人の多さです。

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ最後の発車の時刻となりました。
独特の形状で最速を誇った車両も
300kmで走行するのは今日限り。
初運行から今日まで13年の間には
一人一人に数々のドラマがあった事でしょう。

そんな様々な人の想いを背に500系新幹線は
福岡まで「のぞみ」として最後の旅に出発していきました。

クリックすると元のサイズで表示します
明日からは全てこだま運用となりますが
ミニ運転台も兼ね備えてなかなか楽しそうなので
機会があれば一度乗ってみたいところです。(*^_^*)
23

2010/2/26

500系新幹線、東海区間からついに引退!  鉄道関係

今月も残すところあと2日ちょっと。
いよいよ東海区間から500系新幹線が引退します!
クリックすると元のサイズで表示します
最高時速300kmを誇り、
先進的なデザインで人気を博した500系ですが
先頭車の前面から出られない事や座席の狭さ、快適さ
といった点では利用者の大半を占めるサラリーマンには
あまり人気がなかったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
従来の白を基調としたデザインではなく
どちらかというとかなり「異端」な車両でしたが
多くの人に未来を感じさせるものであり、子供にも人気は高く
東京駅に行くと一際注目を浴びている車両でした。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭車両が長いため、望遠と広角で撮るのでは
イメージが違うのも面白いポイントで
このあたりはE5系などにも通じるところではないかと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
3月以降は大阪以西でノロノロの「こだま」として活躍する予定ですが
最速目的の車両には悲しい処遇であります。
もう300kmで走る姿を見る事ができなくなるのも寂しいところ。

日曜の引退日には多くのファンが集まると思いますが
先日関西で起きた騒ぎのような事にはならないよう
節度有る対応をお願いしたいと思います。
新幹線に轢かれたら洒落になりませんからね。(>_<)
31

2010/2/20

プラレール博 in TOKYO〜「NO.1」を探す旅に出発進行!〜が発表  イベント

今年ももうすぐこの季節がやってくる!

ジャーン!

クリックすると元のサイズで表示します
プラレール博 in TOKYO 2010の予定が発表になりました。
今年のサブタイトルは「NO.1」を探す旅に出発進行!
との事ですが50周年と比べると
ややスケールダウンの感が否めませんね。

そもそも「NO.1」を探す旅とはなんぞや?って感じですが、
どうやら速い新幹線NO.1や長いトンネルNO.1など
色々なNO.1を会場内で探すという事のようです。
アスレチックなんかもあるようですので
子供には楽しいかもしれませんね。
(激混みそうですが・・・)

そして気になるあの景品は・・・

ジャーン!
クリックすると元のサイズで表示します
既にネタバレしていましたが
入場記念中間車両は新型N'EXで確定しましたね。
個人的には嬉しいものの、沿線以外の方には複雑な気分かもしれません。

ちなみに日程は
2010年4月28日(水)〜5月5日(水・祝)の8日間
開催場所は例年通り、
池袋サンシャインシティの
ワールドインポートマート4F Aホール
にて。
前売り券なら100円お得です!

我が家はそろそろ微妙な年齢ですが
行けるようであれば行きたいなと思っております。(^_^;)
20

2010/2/11

プラレールつなげてたのしい!情景いっぱいセット徹底解剖  情景部品

今回は久しぶりのプラレール情景セットをご紹介します!

クリックすると元のサイズで表示します
昨年発売されたつなげてたのしい!情景いっぱいセット
鉄橋からトンネル、駅、踏切、車庫など
情景部品だけの思い切ったセットです。

一部の情景部品は車両セットにしか入っていないので
単品では買えないものというのもポイントのようです。

まずは大きな駅からご紹介していきましょう。
HPやパッケージ写真では
あまり大きいと思えなかった情景部品ですが
クリックすると元のサイズで表示します
結構大きいです(笑)
プラキッズもこんなにいっぱい並んじゃう!
イメージとしてはN700系ベーシックセットについてくる駅を
1.5倍の長さにした感じですね。


続いては大きな踏切。
クリックすると元のサイズで表示します
単品販売もされている商品ですが、こちらも1.5倍ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
リアルタイプの踏切なので、同じくリアルな
新型成田エクスプレスと合わせると良い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっぴりトラックの位置がおかしかったので修正。
って踏切前に横断歩道なんて普通はありませんが
撮り終わってから気付きました(^_^;)


そして最後は車庫のご紹介です。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはファステック360S立体レールセットに付属の
車庫をベースに屋根の色を塗り替えたもの。

クリックすると元のサイズで表示します
相変わらず単品の車庫より出来が良いですね。
いずれは現行品との入れ替えも行われる事でしょう。

というわけで今回は主に個人的に気になっていた
情景部品を紹介してみました。
内容としてはあまり惹かれるものはありませんが
Amazonでお安く購入出来たので
個人的には満足しています。
14
タグ: プラレール

2010/2/8

プラレール博2010の入場記念品を考えてみる  イベント

2月に入って1週間程経過しましたが
あと2ヶ月半ぐらいでプラレール博 IN TOKYO 2010
開催されますね。(現時点では情報がありませんが)

毎年気になるのが入場記念の中間車両ですが
ここ最近の傾向ではその年か前年に発売された
車両の中間車が定番となっており
三年前はドクターイエローの中間車(同年3月発売)

二年前は地下鉄銀座線の中間車(前年11月発売)
クリックすると元のサイズで表示します

一年前はN700系(同年4月発売)でした。
クリックすると元のサイズで表示します

そして今年は一体どんな車両がプレゼントされるのでしょうか?
新800系のつばめはフルセットなので中間車両の入る隙がありません。
3月発売の京浜東北線や常磐線も少々インパクトが足りないような・・・
と色々考えてみましたが、ピッタリな車両がありました。
それは
新成田エクスプレス!

これなら二年前の銀座線に条件は近いし
銀座線よりも確実にファン層は多いはず!
ただ関東以外の方々とすればがっかりでしょうね〜。
しかし銀座線プレゼントを
プラレール大阪でも断行した実績があるので
おそらく他地域でもプレゼントする車両は変わらないでしょう。

とはいえ0系の中間車をプレゼントした方が
よっぽど多くの人に喜ばれそうな気がしないでもありませんが
色々と事情があるのかもしれませんね。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ