2010/7/9

ミスターモーターマンエコを試してみた  プラレール実験

以前にご紹介したプラレールをリモコン操作できる
夢のようなアイテム「ミスターモーターマン」。

その時の記事では単五電池仕様なのが残念!
と書きましたが、昨年あたりに単四電池仕様の
ミスターモーターマンエコが発売され、
遅ればせながら入手したので、レポートします。

クリックすると元のサイズで表示します
今回入手したのはモーターマン本体ではなく
核となるm2エンジンエコ。
m2エンジンの青色からエコらしいグリーンに変わっています。

クリックすると元のサイズで表示します
最大の特徴は単四電池仕様となり
充電電池が使用可能となった事!
併せて運転持続時間も3倍になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
そこで今回は製造元であるブレイブさんがHPでご紹介されている
連結遊びを実際にやってみたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
今回使うのはバック機能。

クリックすると元のサイズで表示します
あらかじめ待機させておいたE4系MAXに向かって

クリックすると元のサイズで表示します
突撃!

クリックすると元のサイズで表示します
合体!

クリックすると元のサイズで表示します
そして連結走行!

と通常の走行ではできない行程が
遠隔操作で楽しめます。
他にも以前ご紹介した
箱根登山鉄道のスイッチバック走行
ミスターモーターマンエコなら可能です。

ちなみにミスターモーターマンをお持ちの方も
360円分の切手(120円×3枚)を同封し、
m2エンジンをブレイブさんに郵送すれば
m2エンジンエコと交換してもらえますよ。

単五電池と単四電池の差は
持続力、馬力ともにかなり違うので
気になる方はぜひお試し下さい!
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ