2009/10/25

プラレールハイパーガーディアンメカドックライナーを買ってしまった  プラレール車両

以前ほぼ興味がなくなったといっていた
ハイパーガーディアンシリーズですが
リンクさせていただいているハニカムさんの
プラレール・ライフで詳しく紹介されているのを見て
ついついチビッコ用に良いかな?と
メカドックライナーを購入してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
というわけでチビッコにプレゼントした
メカドックライナーを今回は拝借して
レビューを行いたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
メカドックライナーの特徴は「ロボットに変形」する事。
あまり興味が無かったので事前にほとんど下調べしていなかった為
なんとなく先頭車両が丸々変形するイメージでしたが
そうではなかったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
なお先頭車両にはアームが備わっていて
前方のアームの先が開く仕様になっています。

クリックすると元のサイズで表示します
変形するにはまず先頭車両のヘッド部分を外します。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに運転席のカバーを開きます。
運転席後ろの板を回転させ
先頭車後方についているアームを切り離すと

クリックすると元のサイズで表示します
変形完了!

クリックすると元のサイズで表示します
変形方法はあまりスムーズではありませんが
ロボットに変形する列車」というのは前代未聞!
アーム部分も可動可能でなかなか楽しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
車両の方に話を戻しましょう。
中間車は動力車となっておりパトライナーのように
サイドとトップに開閉部分があります。

クリックすると元のサイズで表示します
そして後尾車。
一番ドックらいしい部分です。

クリックすると元のサイズで表示します
後尾車の上部はレールと同じ幅となっていて
このように修理遊びを楽しむ事ができるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ハイパーガーディアンだけでなく新幹線の車両を載せても
楽しいかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
そして今回一番驚いたのはプラキッズがタイ製になっていた事!
プラキッズはこれまで中国製しかありませんでしたが
初のタイ生産品が誕生!
プラキッズぐらいだと中国製でも構いませんが
クオリティは高い方が良いですから
嬉しい生産地変更ですね。
(151系がタイ製の方が嬉しいですが)

というわけでレビューをしてきたメカドックライナー
ギミック満載でチビッコに人気のライナーになりそうです!

11
タグ: プラレール



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ