2007/12/17

エネループで実験!  プラレール実験

先日お邪魔したkoo's PLARAILさんで
紹介されていたyoutubeの動画で
アルカリ電池VSマンガン電池というものがあり、
結果はもちろんアルカリ電池の勝ちでしたが、興味深い内容でした。

そこで今回このブログでは以前記事にしたエネループを使って
同様にアルカリ電池VSマンガン電池VSエネループ
という企画を試してみました。

使用した電池は写真の通りです。
クリックすると元のサイズで表示します
MITSUBISHIのマンガン電池、ノンブランドの100均アルカリ電池、
そしてエネループの3本。

測定の方法は決められたコースを
E4系MAX(連結仕様)が5周走り
そのタイムを競うというタイムトライアル方式。
そして今回のレイアウトはコレ!

クリックすると元のサイズで表示します

途中に起伏を加えようとして坂レールを組み込んだら
うなぎの寝床になってしまいました(^^;


まずはマンガン電池で実験。
クリックすると元のサイズで表示します

緊張の一瞬。
いよいよスタートです!
クリックすると元のサイズで表示します

さすがにおろしたての電池なのでそれなりに早い。
気になるタイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
40秒!最初なので早いのか遅いのかわかりません。

それでは次にアルカリ電池で実験。
クリックすると元のサイズで表示します
セット完了!スタート!

気になるタイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
なんと〜〜〜36秒!
早いです!ノンブランドでもアルカリ電池は早かった!

そして最後にいよいよエネループの登場です。

無事準備完了。
クリックすると元のサイズで表示します
果たしてエネループの実力やいかに!?




気になるタイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
なんと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜41秒!
期待のエネループ、意外にも一番ビリです!
大ショック!!!
なんとなくアルカリ程早くはないけどマンガンよりは早いかな
と思っていましたがここまで差がつくとは・・・。

アルカリ電池>マンガン電池>エネループという結果からもわかる通り
エネループはプラレールでも使えるけれどスピードに期待してはいけない
という事がわかりました。
スピードの出る充電池ってないものなんでしょうか?
そんな疑問を抱きつつ今回の実験は終了です。

次はどんな実験をしようかな〜。
↑実験に目覚めたらしい
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/12/19  10:09

 

 職場で勤務中にブログを書いているkooです。 何をしていても、傍目には仕事をしているように見えてしまうところがパソコンの恐ろしいところです。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ