2010/7/9

ミスターモーターマンエコを試してみた  プラレール実験

以前にご紹介したプラレールをリモコン操作できる
夢のようなアイテム「ミスターモーターマン」。

その時の記事では単五電池仕様なのが残念!
と書きましたが、昨年あたりに単四電池仕様の
ミスターモーターマンエコが発売され、
遅ればせながら入手したので、レポートします。

クリックすると元のサイズで表示します
今回入手したのはモーターマン本体ではなく
核となるm2エンジンエコ。
m2エンジンの青色からエコらしいグリーンに変わっています。

クリックすると元のサイズで表示します
最大の特徴は単四電池仕様となり
充電電池が使用可能となった事!
併せて運転持続時間も3倍になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
そこで今回は製造元であるブレイブさんがHPでご紹介されている
連結遊びを実際にやってみたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
今回使うのはバック機能。

クリックすると元のサイズで表示します
あらかじめ待機させておいたE4系MAXに向かって

クリックすると元のサイズで表示します
突撃!

クリックすると元のサイズで表示します
合体!

クリックすると元のサイズで表示します
そして連結走行!

と通常の走行ではできない行程が
遠隔操作で楽しめます。
他にも以前ご紹介した
箱根登山鉄道のスイッチバック走行
ミスターモーターマンエコなら可能です。

ちなみにミスターモーターマンをお持ちの方も
360円分の切手(120円×3枚)を同封し、
m2エンジンをブレイブさんに郵送すれば
m2エンジンエコと交換してもらえますよ。

単五電池と単四電池の差は
持続力、馬力ともにかなり違うので
気になる方はぜひお試し下さい!
8

2009/11/23

第6回プラレールチキチキスピード競争!  プラレール実験

プラレールのスピード性能を比較する実験
プラレールチキチキスピード競争!
先日の第5回に続く今回も様々な車両のスピードを
テストしてみたいと思います。

ルールは同じく
ありがとう夢の超特急新幹線ひかり号セットの
直線レール2本をツインタワーステーションと交換したもの。

という事で今回も早速行ってみましょう!

クリックすると元のサイズで表示します
まずは今回の目的でもある新型成田エクスプレスの登場。
先日の計測では旧型の253系がなかなかいいスピードでしたが
新型のE259系はどれほどのスピードか?

早速スタート!
そしてゴール!

気になるタイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
28秒44!
なんと予想外の好タイム!
旧型には1秒及びませんでしたが
最近の車両としてはかなり良い成績です!

クリックすると元のサイズで表示します
続いての登場はライト付700系新幹線
N700系の登場でちょっぴり存在感が薄れつつありますが
安定した人気を誇ります。

早速スタート!
ライト付車両のためかちょっぴり重そうです・・・
そしてゴールイン!

気になるタイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
37秒50!
残念ながら新幹線としては物足りない結果ですね・・・

果たして個体差なのか、元々遅いのか。
それでは同タイプの車両をテストしてみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
実車両同様に700系を元にひかりレールスターの登場です。

700系タイプの意地をかけスタート!
そしてゴール!

気になるタイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します35秒09!
う〜ん!
700系よりは速いものの、平均的には30秒後半のスピード!
もうちょっと強力なモーターを積んで欲しいところですね。

次もまた新幹線が登場!
クリックすると元のサイズで表示します
すっかり「こだま」の顔となってしまった300系の登場です。
最近では大分地味な印象ですが
100系から比べると凄い進化を遂げた新幹線!
その実力やいかに!?

今スタート!
そしてゴール!

タイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
30秒78!
なかなかの好タイム!
30秒を切れなかったものの健闘しました!


クリックすると元のサイズで表示します
300繋がりという事で続いては300Xの登場!
実車は伝説の400kmオーバーを記録!
驚異のスピードは果たしてプラレールでも健在なのか!?

今スタートしました!
これは・・・
なかなかのスピード!
今ゴールイン!

果たして結果は!?
クリックすると元のサイズで表示します
28秒31!
さすがの速さ!
実車同様かなりの飛ばし屋ですね。

数が多いのでどんどん行きましょう。
今度は海外の新幹線が登場です。
クリックすると元のサイズで表示します
台湾の700系こと700T台湾新幹線

最高時速300kmの実力は!?
クリックすると元のサイズで表示します
32秒15!
単三タイプの新幹線はフレッシュグリーン以外
30秒台前半が平均のようですね。。。


クリックすると元のサイズで表示します
続いてはブルートレインあさかぜ

ブルトレファンの夢をのせて
今スタートしました!
そしてゴールイン!

結果はいったい!?
クリックすると元のサイズで表示します
36秒25!
まあ実車両通りといったところでしょうか。
それでもライト付700系新幹線よりは速いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今度は名鉄が誇る空港特急ミュースカイが登場。
結果は!?
クリックすると元のサイズで表示します
32秒47!
標準的なスピード。
空港特急としては物足りないところかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
変わって今度は大阪環状線103系プラレールの登場!
関東人にとっては中央線でお馴染みのカラーリングですが
関西の方にとっては大阪環状線で馴染みのオレンジカラー!

果たしてスピードはいかに!?
今ゴールイン!

タイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
37秒53!
古い通勤電車という事でそれなりのスピードでしたね。


クリックすると元のサイズで表示します
103系つながりで関西本線の登場です。
ほぼ同じ型を使用しているため
スピードにあまり差はないと想いますが
確認してみましょう!

結果は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
36秒53!
ジャスト1秒違い!
37秒前後が平均値といったところでしょうか。


またまた関東に戻っていきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
総武快速線や横須賀線で活躍するE217系の登場です。
成田から鎌倉や大船までの長距離を走る
「スカ色」としても有名な113系の後継車両。

快速らしいスピードを見せるのか!?
果たして結果は!?
クリックすると元のサイズで表示します
36秒75!
快速なのにあんまり速くない・・・orz


クリックすると元のサイズで表示します
続いては房総つながりでE257系さざなみが登場。
前面の顔がちょっぴりコワイ特急車両!
果たして結果は?

クリックすると元のサイズで表示します
31秒43!
それなりに速いスピード!
特急の名は伊達ではないようです。


最後は久し振りの登場!
クリックすると元のサイズで表示します
小田急より3100形ロマンスカーNSEの登場!
旧車両ですがどこまで健闘するのか?

クリックすると元のサイズで表示します
33秒72!
なかなかの健闘っぷり!
一時代を築いた名車両だけありますね。

というわけで今回の結果をふまえた順位は以下の通りです。

【プラレールスピード比較】
順位 車両名 スピード
01EF81北斗星(トイザらスセット版)22秒94
020系こだまフレッシュグリーン(西日本SP版)
26秒68
03白いソニック
27秒62
04南海電鉄ラピート27秒78
05253系成田エクスプレス27秒90
06E954形ファステック36028秒28
07E3系2000番代つばさ(連結使用)29秒29
08300X28秒31
09E259系成田エクスプレス28秒44
10923形ドクターイエロー29秒54
11ユーロスター(レールスターモーター)30秒03
12東武スペーシア30秒66
13HGS-01パトライナー30秒69
14300系新幹線30秒78
15N700系Z0編成30秒82
16さざなみ31秒43
170系新幹線(ありがとうセット版)31秒50
18E4系MAX(連結仕様)32秒15
19700T台湾新幹線32秒15
20EF200(セット版)32秒44
21名鉄ミュースカイ32秒47
22E233系中央線(セット版)32秒66
23151系こだま号33秒07
24HGメカドックライナー33秒19
25小田急ロマンスカーNSE33秒72
26E2系はやて(連結仕様)33秒75
27ライト付ひかりレールスター35秒09
28レッドサンダー35秒75
29800系つばめ36秒06
30ブルートレイン36秒25
31関西本線103系36秒53
32E217系横須賀線36秒75
33ライト付700系新幹線37秒50
34大阪環状線103系37秒53
35京王9000系(リニューアル版)43秒50
36サウンド京急2100形43秒69
37鬼太郎列車50秒65
38東京メトロ東西線05系51秒97
39東京メトロ銀座線01系52秒64
40SLやまぐち号1分5秒81


今回は13車両も計ったので車両数が一気に増えました。
こうしてみると実車両とあっているもの、あっていないもの
結構色々ありますね。
とはいえ完璧な実験ではありませんし、
製造時期によってはスピード性能が
違ったりするかもしれませんので
参考程度に楽しんでいただければ幸いです。
31

2009/11/14

第5回プラレールチキチキスピード競争!  プラレール実験

プラレールのスピード性能を比較する実験
プラレールチキチキスピード競争!
約1年ぶりとなる今回は
新たに我が家のラインナップに加わった
車両のスピードをテストしてみたいと思います。

ルールは昨年と同じく
ありがとう夢の超特急新幹線ひかり号セットの
直線レール2本をツインタワーステーションと交換したもの。
簡単にいえば直線レール4本+複線外側曲線レール8本です。

という事で早速行ってみましょう!

クリックすると元のサイズで表示します
まずは先日発売された50周年記念車両151系こだま号!
狭軌道鉄道世界最速記録を打ち立てた列車として
スピードがどれほどか注目が集まります!

クリックすると元のサイズで表示します
スタートしました!
なかなか快調な走りを見せ、今ゴールイン。

気になるタイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
33秒07!
体感的にはもう少し早く感じていたんですが
思ったよりも遅めでしたね。
とはいえ最近の車両としては早いほうだと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
続いてはサウンド京急2100形
サウンド機構があるため他の車両より重く、
少し不利かもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
スタートしました!

気になるタイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
43秒69!
残念ながらスピードはイマイチな結果でした。


クリックすると元のサイズで表示します
どんどん行きましょう。
次は東武鉄道の特急電車スペーシアの登場です。
昔からあるプラレール車両なので
スピードもそれなりに期待できると思います。

結果は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
30秒66!
なかなかのスピードです!
この結果に東武鉄道のプラキッズも嬉しそう。


クリックすると元のサイズで表示します
そして今度はE3系2000番代つばさの登場。
普段は連結走行なのであまり速いイメージではありませんが
果たしてその実力はいかほどか?

クリックすると元のサイズで表示します
今スタートしました!

そしてゴール!
タイムは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
29秒29!
なんと今回初の29秒台!
つばさは予想外に速かったようです!


クリックすると元のサイズで表示します
お次はJR貨物期待の車両レッドサンダーの登場。
EF81の代わりにカシオペアを牽引する事も決定しており
ますます人気が高まりそうな予感!

クリックすると元のサイズで表示します
満を持して今発車!
そしてゴールイン!

さあっタイムは果たして・・・
クリックすると元のサイズで表示します
35秒75!
・・・あれ?
調子が今ひとつだったようですね。
いっぱいつないでもあまりスピードが落ちないというのが
売りの車両なのでスピードはそんなに速くないのかもしれませんね。


クリックすると元のサイズで表示します
さあっ!そして今度は間もなく廃盤となる253系成田エクスプレス
新型が発売されるのも間近ですが
ここは意地を見せたいところ!
 
クリックすると元のサイズで表示します
発車しました!
これは・・・速い!本日一番の走りです!

5週を走り終え、今ゴールイン!
タイムが気になるところですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
27秒90!
なんと27秒台!
本日トップレコードです!
スピードでも新型車両には負けたくない!
そんな想いが伝わってくるようです。


さあいよいよ本日最後の車両が登場です。
クリックすると元のサイズで表示します
ハイパーガーディアンのメカドックライナー
通称ヨロシクライナーです!

以前走行したパトライナーはそこそこ良い走りを見せましたが
ヨロシクライナーはどれほどの速さなのか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
スタート!
なかなか快調に飛ばします。
そしてゴール!

果たして結果は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
33秒19!
残念ながら20秒台ならず!
速くもなく、遅くもなくと言ったところでしょうか?

というわけで今回の結果を踏まえて
順位は以下の通りとなりました。

【プラレールスピード比較】
順位 車両名 スピード
01 EF81北斗星(トイザらスセット版) 22秒94
02 0系こだまフレッシュグリーン(西日本SP版) 26秒68
03 白いソニック27秒62
04 南海電鉄ラピート 27秒78
05 253系成田エクスプレス 27秒90
06 E954形ファステック360 28秒28
07 E3系2000番代つばさ(連結使用) 29秒29
08 923形ドクターイエロー 29秒54
09 ユーロスター(レールスターモーター) 30秒03
10 東武スペーシア 30秒66
11 HGS-01パトライナー 30秒69
12 N700系Z0編成 30秒82
13 0系新幹線(ありがとうセット版) 31秒50
14 E4系MAX(連結仕様) 32秒15
15 EF200(セット版) 32秒44
16 E233系中央線(セット版) 32秒66
17 151系こだま号 33秒07
18 HGメカドックライナー 33秒19
19 E2系はやて(連結仕様) 33秒75
20 レッドサンダー 35秒75
21 800系つばめ 36秒06
22 京王9000系(リニューアル版) 43秒50
23 サウンド京急2100形 43秒69
24 鬼太郎列車 50秒65
25 東京メトロ東西線05系 51秒97
26 東京メトロ銀座線01系 52秒64
27 SLやまぐち号 1分5秒81

それにしても北斗星のスピードはやはり尋常ではありませんね。
この牙城を破る車両は登場するんでしょうか?
今後の新車両に期待が高まりますね。

40

2008/10/27

第4回プラレールチキチキスピード競争!  プラレール実験

プラレールのスピード性能を比較する実験
「プラレールチキチキスピード競争!」
今後も色んな車両をテストしてみたいので
第◯回というように名前を変えてみました。

第4回の今回は新幹線対決+α!

という事で早速行ってみましょう!


クリックすると元のサイズで表示します
まずはJR東日本が誇る二階建て新幹線E4系MAX!
二階席からの眺めも良く、最大定員は連結時1634人を誇ります。
スピード重視ではないこの車体がどこまで健闘するのか?


スタートしました!
クリックすると元のサイズで表示します
スピードはいたって普通。
やはりプラレールでもスピード重視ではないようです。

そしてゴールイン!


クリックすると元のサイズで表示します
タイムは32秒15!
実車通りといったところでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
続いては同じくJR東日本の新幹線E2系はやて
ポケモンラッピング仕様での登場です。


クリックすると元のサイズで表示します
スタートしました!
実車は時速275kmを誇り、あの700系より速いというE2系はやて
果たして結果は!?

クリックすると元のサイズで表示します
33秒75!
イマイチスピードが出ません。
連結仕様なのでスピードを落としてるのでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
続いては最新鋭の新幹線、N700系の登場!
先日ブルーリボン賞を受賞し、今最も波に乗っている新幹線です。

スタートしました!
スピードはなかなかのもの!
そして今、ゴールイン!

クリックすると元のサイズで表示します
記録は30秒82!
結果はまあまあですが、最速営業車両としてはイマイチでしたね。


クリックすると元のサイズで表示します
続いての車両は九州新幹線800系つばめ
新型車両もいよいよテストを始めましたがまだまだ現役!
個人的にはこのカラーリングがなかなか好みです。

クリックすると元のサイズで表示します
スタートしました!
スピードは・・・あまり無いようです。
今ゴールイン!
結果は!?

クリックすると元のサイズで表示します
記録は36秒06!
実車同様スピードは遅めでした。


そして新幹線最後の車両は0系こだまフレッシュグリーン
クリックすると元のサイズで表示します
もう見る事ができない幻の車両となってしまいましたが
プラレールではまだまだ現役。
年末にはスペシャルセットも発売予定!
元祖の意地を見せて欲しいものです。


スタートしました!
クリックすると元のサイズで表示します
これは!
かなりのスピードです!
他の新幹線で溜まったフラストレーションを吹き飛ばすかの様な爽快な走り!
そしてゴールイン!
結果は!?


クリックすると元のサイズで表示します
26秒68!
やりました!
EF81北斗星には及ばないものの普通のモーターとしてはNO.1です!
さすが0系、制作側の思い入れを垣間みる事ができました。


次は未発表だった車両を一気に3編成紹介しましょう。

まずは東京メトロ東西線05系
クリックすると元のサイズで表示します
51秒97!
激遅です!
地下鉄シリーズは総じてスピードが遅いようですね。


続いては私鉄限定品の京王9000系。
クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄程ではありませんがこちらも遅め
43秒50!


最後はハイパワーモーター搭載のEF200
クリックすると元のサイズで表示します
結果は32秒44!
最近の車両にしては健闘しましたね。

というわけで今回の結果を踏まえて
順位は以下の通りとなりました。

プラレールスピード比較
順位 車両名 スピード
01 EF81北斗星(トイザらスセット版) 22秒94
02 0系こだまフレッシュグリーン(西日本SP版) 26秒68
03 白いソニック 27秒62
04 南海電鉄ラピート 27秒78
05 E954形ファステック360 28秒28
06 923形ドクターイエロー 29秒54
07 ユーロスター(レールスターモーター) 30秒03
08 HGS-01パトライナー 30秒69
09 N700系Z0編成 30秒82
10 0系新幹線(ありがとうセット版) 31秒50
11 E4系MAX(連結仕様) 32秒15
12 EF200(セット版) 32秒44
13 E233系中央線(セット版) 32秒66
14 E2系はやて(連結仕様) 33秒75
15 800系つばめ 36秒06
16 京王8000系(リニューアル版) 43秒50
17 鬼太郎列車 50秒65
18 東京メトロ東西線05系 51秒97
19 東京メトロ銀座線01系 52秒64
20 SLやまぐち号 1分5秒81

またこれまでの結果から見えて来たものとして
中国製プラレールのモーターは速いというものがあります。
EF81北斗星も0系こだまもmade in china!
プラレールのクオリティが低い中国製ですが、
スピードだけはタイ製に負けていないようです。(笑)
2

2008/10/27

第3回プラレールチキチキスピード競争!  プラレール実験

先日のスピード対決の後リクエストをいただいたので
追加実験を行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
まず最初はHGS-01パトライナー
世界中から選び抜かれた鉄道スペシャリストによる
鉄道警備隊「ハイパーガーディアン」の鉄道です。
果たしてその実力は一体!?

今、スタートしました!
クリックすると元のサイズで表示します
なかなかスピードに乗っています。
高速パトロール車両の名は伊達じゃない!?

今ゴールイン!

気になるタイムは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
30秒69!
30秒台は切れなかったものの、なかなかの健闘っぷり。
予想よりは速いタイムでした。


続いては次世代新幹線の高速テスト車両ファステック360が登場です。

クリックすると元のサイズで表示します
アローラインとストリームラインという二つの顔をもつこの車両。
まずはアローラインでのテストです。

スタートしました!
クリックすると元のサイズで表示します
実車では時速360kmで走る高速車両。
プラレールでもNO.1を獲得できるのか!?
今ゴールイン!!!


気になる結果は?
クリックすると元のサイズで表示します
何と31秒03!
パトライナーに負けてしまいました。
これにはパトライナーのノゾミ隊員も大喜び。


クリックすると元のサイズで表示します
今度はファステックの特徴でもあるネコ耳は
プラレールでも減速効果があるのかを調査してみました。

クリックすると元のサイズで表示します
結果は29秒00!
何と逆にスピードが上がりました!

さらにはストリームラインを先頭にしてみると・・・

クリックすると元のサイズで表示します
結果は28秒28!
さらにスピードアップ!
多少の誤差はあるとは思いますが、
プラレールに於いてネコ耳は減速効果が無いという事がわかりました。


という事で番外編ではパトライナーと
ファステック360のスピードを計測してみました。
以前の計測と合わせた結果は以下の通りです。

プラレールスピード比較
順位 車両名 スピード
01 北斗星(トイザらスセット版) 22秒94
02 白いソニック 27秒62
03 南海電鉄ラピート 27秒78
04 E954形ファステック360 28秒28
05 923形ドクターイエロー 29秒54
06 ユーロスター(レールスターモーター) 30秒03
07 HGS-01パトライナー 30秒69
08 0系新幹線(セット版) 31秒50
09 E233系中央線(セット版) 32秒66
10 鬼太郎列車 50秒65
11 東京メトロ銀座線01系 52秒64
12 SLやまぐち号 1分5秒81

なお同時に他の新幹線も計測したので折りをみて
追加アップしたいと思います。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ