2013/12/18  19:54

燃料計の不良  メンテナンス

この半年、どうも燃料計が正確に動作しないと思っていました。
そこで、この冬は徹底的に調べることにしました。と言っても素人のやるレベルですけど(笑)。

まずは、一番厄介なこと、それは燃料タンクが空なのにEmpty(空)に針が指さないこと。面倒ですが、燃料タンクの軽油を灯油手動ポンプでポリタンクに移しました。燃料タンクについていますセンダーユニットの丸いピンポン玉のような浮きは、タンクの底についているのが見えます。そしてエンジンをかけますと、思ってた通り、燃料計の針が三分の一位まで振れます。うーん困った。

燃料計の故障についてネットでいろいろ調べましたところ、車での記事がたくさん出て来ます。車でもあるんですね(汗)。不良となる原因は大きく4つあることがわかりました。

1.燃料計の故障、
2.断線(燃料計からタンク)、
3.センダーユニットのセンサー不良(タンクに装備)、
4.フロート(センダーユニットに付いている浮き)の不良です。

最初のふたつ、燃料計と配線のトラブルシューティングは、簡単です。タンクに繋がっている配線同士を付けると、抵抗値がゼロになるので、燃料計はFullになるのだそうです。センダーユニットは浮きの上下を抵抗値にして、燃料計に送っている仕組みだとか。

クリックすると元のサイズで表示します


繋いでみると…
クリックすると元のサイズで表示します


Fullで振り切れます。燃料計と配線は正常のようです。

クリックすると元のサイズで表示します


次はセンダーユニットの浮き、これは燃料タンクのふたを開けて、覗きこみ、目視で浮いていることがわかりました。
残るは、センダーユニットのセンサー、これはもう交換(笑)。ヤマハのカタログではユニットで3000円ほどです。タンクの中の高さで種類があります。浮きの角度で抵抗値が変わる仕掛けですから、この高さでセンサーの抵抗を決めているのでしょうね。
なんだか、燃料計の博士になった気分です(笑)。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ