2007/5/30  22:43

三浦三崎港から相模湾に続く防波堤と避難港  写真1

三崎港を相模湾方面に出ると右舷側に港から防波堤が続いています。500m位進むと防波堤が切れ、避難港に入れます。中に入ると、そこは高い防波堤で四方をさえぎられ、穏やかな湾が広がります。台風時に漁船の避難拠点になるのかな?かなり広いところです。近くに避難港として有名な小網代湾がありますが、ここは人工的に作られた避難港です。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/29  20:00

ライフジャケットとプレジャーボート  写真1

ライフジャケットをしっかりつけて、数えると6人乗船されているプレジャーボートが三崎港を東京湾方面に向かって走行しています。ヤマハのラクシアかな?25フィートながらフライングブリッジがあり、流線型が美しい船外機艇です。今一番注目しているボートです。
海上保安庁がマリンレジャー集中安全推進活動を展開しています。3つある推進項目のトップに「ライフジャケットの常時着用」があります。自分の安全は自分で守る、大切なことだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/28  22:43

岩礁で釣りする人【三浦諸磯湾沿岸】  写真1

諸磯湾沿岸の岩礁(歩いては渡れない岩場)で釣りする人を見かけました。うねりが高くなると、しぶきがかかるどころか、波でさらわれないだろうか、ちょっと心配です。雲行きも悪くなってきました。周りは暗礁もたくさんありそうです。波に足元すくわれたら、岩場で大怪我になるかも。
心配しすぎでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/27  21:48

クルージング日記【三浦三戸海岸の浜辺】  日記1

5月27日(日)曇り時々晴れ 気温27度 風速3m うねり1+m 午前8時30分〜13時
内1時間分(61回目のクルージング、航海時間186.5h)
朝からうねりが結構あった。城ヶ島から荒崎方面は南からのうねりを背にして、波乗りの様に
走れたので操船は楽だったが、帰りはどうなるのかな、と心配しつつ三戸沿岸でボートを停めた。うねりは和らぐどころか、次第に大きくなり始める。早めに三崎港に戻ろう。このうねりに風が吹き上がったら、21フィートのボートではかなり操船が厳しくなるはず。途中、油壺沖で、久しぶりに向かい波に頭からしぶきをかぶった。もちろんめがねもしずくでいっぱい。何とか先を見ながら無事三崎港へたどり着く。今日はそれから、三崎港湾内でアンカリング。行きかう船を見てのんびり過ごしました。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/27  5:28

初夏の美しい相模湾【海からの風景】  写真1

相模湾の美しい海です。今日は気温がぐんぐん上がって夏日になるらしいです。また、海上は
日中だんだんと風があがりそうです。遠出するには帰りが心配なので、荒崎、長井、和田長浜、三戸海岸あたりにボートを浮かべて、のんびり風景を楽しみたいとと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/26  6:31

イルカと江ノ島【湘南の海の風景】  写真1

茅ヶ崎沖をクルージング中に撮影しましたイルカの写真を見ていましたら、遠くうっすら江ノ島が見える写真が見つかりました。イルカはすこし頭を見せています。顔は残念ながら見えないのですが。今でも江ノ島近くでイルカに会えるのは、きっと海が綺麗になっている証拠なのかもしれません。地球温暖化の問題が先進諸国で取りざたされていますが、知能の高いイルカを目の当たりにすると、自然を大切にしていきたい、と心から思います。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/25  21:53

シーカヤック【海からの風景】  写真1

透明度の高い美しい三戸海岸(三浦半島西海岸)から小網代湾につづく新緑の丘の沿岸を、
シーカヤックで楽しむ方を撮影しました。美しい風景を眺めながら、ゆっくり進んでいきます。
燃料を使わないシーカヤック、地球に優しいマリンスポーツだと思います。プレジャーボートは
燃料を使用しますが、私は走行しない時、エンジンを切る様にしています。ガソリンも節約できますし、環境にもやさしいから。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ