2008/5/28  21:50

ボトルシップ:ドイツからのおみやげ  日記1

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツにはボトルシップ博物館があるんだよと、ヨット仲間のTKさんから教えてもらったことがありました。妻の勤める会社がドイツ本社ですので、同僚の友人に来日する時にボトルシップを買ってきて欲しいとお願いしていましたところ、今週本当に買ってきてくれました。
バルト海の別荘で休暇を取った時に、近所のボトルシップのショップに頼んでくれたとか。手作りです。一週間位かかったと聞きました。500ccのボトルに入った帆船、昔ながらの素材で作られている様です。ロープの糸はいかにも手で巻いた感じが、手作りを思わせます。世界で唯一のボトルシップ、大切にしたいと思います。

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。

2008/5/19  23:45

セーリングレッスン  ヨット体験記

      クリックすると元のサイズで表示します       クリックすると元のサイズで表示します

18日はブログで知り合いになりましたヨット仲間のみっちーさんにセーリングをレッスンしていただきました。
天気は快晴、風速も6m+。セーリングには最高の日和。城ヶ島を9時30分に出航、相模湾の秋谷近くまでセーリング、それからセニョールさん、TKさんが待っている小網代に向かいました。
さすがヨット歴40年!今も某大学ヨット部に理事として活躍されているみっちーさん、セーリング中、ずーっと、セーリング、海、風について教えてくださいました。自艇のセールセッティングのポイント、ティラー操作のコツと私の癖、タックする時注意する方角など、など今夜もノートに書き加えましたが、もう20項目近くあります。
今までビデオとか本で独学中心でしたが、自分のヨットに乗船いただき、レッスンみたににマンツーマンで教わると、次回セーリングするのが楽しみになります。教わったことをひとつひとつ自分で試してみたくたるから。
写真はジブセールのテルテールです。こんなにきれいに平行に流れるのを初めて見ました(笑)。

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。


2008/5/11  16:57

低い雲に強風の三浦半島、そこに2隻のヨットが現る。  海の風景

  クリックすると元のサイズで表示します    クリックすると元のサイズで表示します

ボートのメンテナンスに城ヶ島に行ってきました。
三浦半島から望む海には低いどんよりした雲。
宮川公園の風車は、強い北風でぶんぶん回っています。
5月なのに気温は12度位。最近、関東では地震は多いし、もう台風2号が日本列島に近づいてきています。梅雨前に日本列島を通るなんて、過去にあるのかな?海外ではミャンマーでサイクロンの大被害、アメリカノースカロライナの空港を襲った竜巻はジェット機の翼を折っていた。異常な感じです。
城ヶ島から東京湾方面を見ていましたら、宮川湾から2艇のヨットが海に躍り出てきました。
風速12m以上の中、すごいっ。宮川湾から城ヶ島の安房ヶ崎の間を往復しはじめます。きっと
強風時のヨット操船の練習をしているのでしょう。それにしてもこの風ではスプレーも浴びるでしょうから、かなり寒いはず。がんばりますね。

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。

2008/5/11  7:26

ヒヤリ:引き網漁の船に接近  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します 江ノ島湘南港近くで、三浦にもどろう
 と南に向きを変えようとしましたら、
 一隻の漁船。漁師さんはこちらに手
 を振り、離れろ!というサイン。よく
 見ますとかなり長い引き網を引き上
 げています。あたりはウインドサー
 フィンやディンギーが走る沿岸。
 まさかこんなところで...。
 もし一人でセーリングしていたと
 すると、ヒヤリです。
 強風で風下に流され、引き網の漁船
 の下で素早くタックできなかったら、引き網に突入していたかもしれません。
沿岸で、特に引き網漁船は進路を遮られますから注意したいですね。

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。



2008/5/8  23:51

江ノ島へセーリング  ヨット体験記

      クリックすると元のサイズで表示します      クリックすると元のサイズで表示します

5月6日、ゴールデンウィーク最終日、空は晴れ渡りました。三浦半島は強風波浪注意報が出ていましたが、YeeHaw号に乗船させていただき、江ノ島までセーリングに行ってきました。
真っ青の空に、風波できらきら輝く海、久しぶりに爽快な気分で、江ノ島の白灯台、ディンギーが走る湘南港の風景を楽しむことができました。
ところが、あっという間に風向が変わり、風が吹き上がり始めました。海にはもちろん白波。急ぎ三浦にもどることにしましたが、まのぼりの方向、しかも潮流がきつく、途中まったく前に進まない状態に陥りました。しかしそこは、ベテランのカゼタロウさんとTKさんの舵さばきとセールトリムで、乗り切り、無事帰港できました。途中、かなりヒールした状態でウィンチを巻くお手伝いをしましたが、ガンネルの先30cmは海面。落水しない様にと必死の思いでした。
三崎港に到着したのはもう7時近く、航海灯をつけ、初めての夜間航行となりました。

翌日駿河湾の富士海岸でヨットが座礁しているのが発見されたとニュースを知りました。おそらく同じ日に強い潮流と南風に流され、ヒールしたところで落水されたのではないか、と思います。なんとか、助かっていて欲しいです。
自分も初心者でありながら、ベテランの方と乗船するからといって、油断をしてハーネスをつけていませんでした。これから気をつけたいと、痛感しました。

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。

2008/5/5  14:41

小網代ヨットクラブのパーティに参加  ヨット体験記

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

5月3日はヨットを出し、小網代ハーバーに係留されていますオリビア号に横抱きさせてもらい、船中泊を予定していました。ところが、強風波浪注意報で、マリーナは出航見合わせ。陸路で、小網代ハーバーに行きました。
湾内に続く坂から見る小網代、風情ありますね。坂を下ると、もうこの小網代で60年も営まれている酒屋さんがあります。店内には地元の白髭神社の大きな御札が飾ってありました。酒屋さんを出ますと、もうすぐ小網代ヨットクラブの裏に出ます。ここで、夕刻からパーティです。
小網代ヨットクラブの2階は、ヨットのキャビンを思わせるウッド張りで、落ち着いた雰囲気。Bar
カウンターもあるんです。壁には、ヨットクラブや関係のフラグが貼られていて、すごくセンスいいですね。しかもベランダはヨットのウッドデッキを思わせる板張りで、ハーバーを一望できます。
パーティには先日お邪魔しましました浦賀ヴェラシスのひょうたん島さん、POINCIANA号の
Kさん、オーナーとメンバーの方々がヨットでお越しになられました。小網代ハーバーからは
オリビア号のセニョールさんはじめメンバーの方々とご家族、モラモラ号のマンボさんとメンバーの方々、それからGULL号のみなさん。シーボニアに係留されているご夫婦、それから飛び入りでTKさんと私。20人近い大人のパーティです。自己紹介やヨットの話しであっという間に8時をまわり、お開きに。準備も片付けもみんなでやります。さすがヨットマン、手際がいいですね。
自宅でもやっているのかどうかは、知りませんが(笑)。
2次会は海上係留のヨットでした。ひょうたん島さんは、POINCIANA号、オリビア号、モラモラ号、そしてGULL号へはしごです。しかもテンダーでですよ。元気いいですね。オリビア号の
ブームにかけたガスランプの明かりを消したのはもう午前1時を回っていました。
楽しい夜をみなさんどうもありがとうございました。また新たなヨットの体験ができました。

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。

2008/5/2  9:47

新緑に包まれた入江【三浦諸磯湾】  海の風景

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

諸磯湾の入江の緑が見たくて、ヨットを出しました。
海は初夏に良く見られる霞がかかっています。
港を出ると、結構うねりがありました。セールは揚げずに、機走でクルージングすることに。
城ヶ島の南まで走り、それから諸磯へ。
見たかったこの緑。まだ濃い緑とはいえない、新しいうす緑の葉が目に優しい。
入江に入っていくと、磯と新緑の香が漂います。そして森からは小鳥のさえずり。
自然に囲まれた諸磯、油壺、小網代、三浦は素晴らしい風景がたくさんあります。

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ