2008/6/28  7:26

ハワイに向かう外洋ヨット  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します

先週、横浜ベイサイドマリーナ(YBM)に回航し、ビジターバースに着けましたら、同じバースにマレーシアからハワイに向かうヨットが係留されていました。ハワイまでオーナーから回航を依頼されたアメリカ人の方とフィリピンの方が乗船されています。初めてYBMに寄港されたそうです。
夕方、YBMのレストランでまたばったり二人にお会いして、話しが弾みヨットにお邪魔しました。話は絶えません。更に盛り上がると、同じバースに係留中のヨットに2人がお邪魔し、私は通訳として着いて行き、なんとまぁ、気づいたら12時を回っていました。回航した夜になんとYBMで、ハワイに向かうこのヨットに泊めてもらうことに。
朝起きると、すぐ朝食を船内のギャレーで作りはじめてくれました。いいにおいがデッキに漂います。頂きました朝食は大きな皿に目玉焼きとビーンズとコーヒー。シンプルですがこれが船乗りの朝食だと笑顔で言っていました。ヨットで暮らす、そんな生活感を感じさせた朝食でした。
クリックすると元のサイズで表示します

沖縄から7日足らずでどこにも寄港せずYBMに来たそうです。そこでじっくりヨットを見せてもらいました。外洋を渡るヨット、頑丈にできています。船齢は30年+らしいですが、かなり手を加えているそうです。マストのリギン(ワイヤー)はもちろん全て取り替え、かつハルから片側3本引っ張っています。デッキで滑らない様にウッドデッキをはがし、最新の滑り止めをしいています。ヘッドセールは2本、設計のポイントはシングルハンド仕様だそうです。全てのシートがコックピットに来ています。よく見ると万が一の備えにほとんどのパーツ類が2重に装備されている様です。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこのウインドベーン。もちろん電気のオートパイロットも装備されていますが、このウインドベーンが外洋の航海には一番使い勝手がいいとおっしゃっていました。KAZI(雑誌)で読んだことはありましたが、実際見たのはこれが初めてです。風を利用して舵を自動で操作するん装置、電気がなくても操舵できるから安心なのかもしれません。そして大きなティラー。マレーシアからなんなく航海してくるヨットは頑丈にできています。私のYAMAHA23IIとは大違いです(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
天候が落ち着くまでYBMにいるといっていました。まだいるのかな。今日YBMでまた会えたら嬉しいです。
ここYBMに、近々エンデバーが寄港するらしいです。バースはまたインターナショナルな雰囲気で賑やかになりそうで、楽しみ。
幼少の時から、港で海外から来られる方と直接話しを聞くのが夢でした。小学生の頃、自転車で2時間かけて港によく行ってました。YBMではこの夢がかなえそうで楽しみです。
日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ