2009/12/12  7:09

コンパニオンハッチの隙間対策  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここから雨が吹き込んでしまうんです。
YAMAHA23II、ふたつのハッチが取り外せて、キャビンの天井が
オープンになるところは大のお気に入りなのですが。

この隙間から雨が入りますと、クッションが濡れ、梅雨時は1週間でカビが
はえてしまいます(泣)。YBMではこんなことはなかったのですが。
ここみうら宮川フィシャリーナの生物の生命力が強いのでしょうか(笑)。

通気を良くするために、さし板とコンパニオンハッチケースにベンチレーターを
艤装しましたが、雨が入るとまたカビが心配です。
カバー(ビニールシートで自作(笑)はあるのですが、かぶせるとなると
ベンチレーターのところを開ける必要があり、強度に不安。強風で引き裂けそう。
対候性の高いコーラル生地でカバーを作ればいいのですが、ミシンが苦手(笑)。
コストもかかるし、カバーはやっぱり面倒。

大きな隙間でもない、どうやってうめるか、
考えた末、車のドアについている様なラバーのパッキン(テープ付き)を
取り付けてみることにしました。
ホームセンターで売っています。幅約1.5cm、10cmで100円。
このコストが魅力(笑)。

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ