2010/10/4  5:12

秋晴れの下、快速セーリング【三浦半島城ヶ島沖】  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します


すっかり雲もとれ、土曜日は秋晴れの海日和となりました。北北東の風、風速7〜8m/s。
シングルで出るとかなりヒールすることかもしれないと思い、No.3のジブセールを艤装し、
キャビンの荷物を柱にしばり、いざ出港。

メインを上げようと、風上に向けますと結構な風。ですが、真っ青の空から照りつける太陽が
勇気をくれます(笑)。新調したメインプリフィーダーですいすいメインセールが上がります。
風下に針路を変え、セールを出し、船外機を止めます。すーっと静かにヨットが走ります。
気分爽快。メインセールで5ノット近く走ります。今日はメインだけで帆走しようかと思いま
したが、いやいやヨットはヘッドセールを揚げて優雅に走るもの、と以前師匠の言葉を思い出し、
ジブを揚げます(笑)。

城ヶ島南端の安房埼灯台を回ったところでジブセールアップ。針路270度クォーターリー。
進むは相模湾。ブローは体感、風速10m/s。スプレーが時折あがり、カメラを船首方向に
向けられません(泣)。船の速度は7ノットオーバー。快適です。この方向に突き進みますと、
だんだん岸から離れ、相模湾を横断し東伊豆に行ってしまう(笑)。

針路を285度に変身しアビーム近くにしましたら、さらにスピードが上がり、GPSの速度は
8ノットオーバー。シングルセーリングで初めてのスピードです。ヒール計は20度をさして
います。沖はうねりもありスプレーがあがります。火照った顔を冷ましてくれます。すると
回りに漁船やボートがいないのに、ガソリンの臭い。なんだか気になりはじめます。続きは
次回に。


日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



AutoPage最新お知らせ