2011/7/31  16:54

水線長の定則(Hull Speed)【ポインシアナマニュアル】  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します


船の仕様を見ようと、ポインシアナマニュアルを開きますと、何やら計算式。
2.44√水線長m kn ∴ 2.44√9.13m = 7.37kn
文系の自分には、気になります。ルート√...?

船長が綴るポインシアナマニュアル、水線長 9.13mとあります。それから、水線長の定則
(Hull Speed)
「船が水を押しのけて走る場合、水線長によって、絶対艇速が決まっていて、これを越えると
造波抵抗が急激に大きくなる。強風のダウンウインドではサーフィングによりハルスピードを
越えていく。プレーニングを性能を持たないモノハル艇の絶対艇速は、2.44√水線長m kn 」

と言うことは、35フィート(10.3m)のポインシアナ号、追っての風では、7.37ノットを超えると
操船が難しくなるということなのかなぁ?週末、船長に聞いてみよう。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2011/7/27  6:30

美しい朝陽、三浦半島浦賀燈明崎から  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します

この朝陽、マリーナヴェラシスから歩いて10分位のところから望めます。
ここは燈明崎、徳川幕府が慶安元年(1648年)に燈明堂という灯台をつくられた所です。
浦賀水道を航行する船、房総に昇る朝陽、波音を聞きながら、時の流れに身をまかせます。

クリックすると元のサイズで表示します

燈明堂、この灯台は明治5年(1872年)まで活躍したそうです。ペリーの黒船もきっと
静かに見ていたのでしょうね。浦賀の好きなところは、遠く水道を行き交う船を見られるところ。
心やすらぎます。

クリックすると元のサイズで表示します

場所を補足します。地図の矢印の所が燈明崎です。浦賀湾の対岸北北東に観音崎灯台があります。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2011/7/26  5:42

G'z One(防水スマホ)、やっと慣れました!  日記1

クリックすると元のサイズで表示します

ポインシアナの船長、68歳、3週間前にらくらくフォン(携帯電話)からなんとスマホに。
毎週末、見せられて自慢されて(笑)、私も待望のG'z One発売にスマフォンに変えました。
携帯もずっとG'z Oneでした。それにグローバルパスポート(CDMA、GSM対応)で、
海外でも使えるということで、月末予定していましたNYでの同窓会に行く時も便利だと思って。
ですが、この同窓会は諸般の事情で行けなくなりました(泣)。あぁグローバルパスポートも
当分使いません。

使い始めて10日、やっと慣れました(苦笑)。Android 2.3、今ひとつ感覚的なオペレーション
じゃないんですよね。それとも私がついていっていないのかなぁ。通勤電車でマニュアル片手に
覚えました(笑)。ブラウジングは簡単ですが、日本語入力は携帯より難しいタッチパネル。
しかもローマ字入力のキーボードが小さいこと小さいこと。おかげでつぶやきが減りました。
やっと自宅PCと同じアプリを使える様に設定出来、お気に入りサイトへにも簡単アクセス。

G'z One標準インストールアプリのG'z Gear、これがまた素晴らしいグラフィック(笑)。
SEA TIDE(潮汐)、Sun/Moon(日の出日の入り、月齢)を見るのも楽しいです。それに今回新しく
Themometer(温度計)、Star Plate(星座)も加わりました。Star PlateはGPSと電子コンパスと
連動し、G'z Oneを向けた方向に星座名までも出ます。これもすごく気に入っています。

スマホ、Map機能はなかなか優れもの。買って二日目に次男の野球の試合を見に大和まで
行きましたが、案の定道に迷いました。ですが、このMapでなんなく野球場につけました。
かなり現在位置を正確に表示します。車にはもうカーナビいらずです。ビートル君には付いて
いないのですが(笑)。

なんか、メーカーのセールスさんのプロモーション記事になりました(笑)。



ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
タグ: G'z スマホ

2011/7/15  6:01

進路が気になりますね。猛烈な台風6号  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します


進路が気になりますね。この台風進路図はアメリカ海軍太平洋気象海洋センターのものです。
ここの台風情報には、台風の進路を明確に示します。14日2100に更新された予報です。最後の位置は19日1800。網掛けのあるところは風速34ノット以下と記載されています。

猛烈な台風6号、MA−ON、北上が早くなりますと、関東沿岸は19日は強風範囲に入るかも
しれませんね。いずれにせよ来週中には強風域に入りそうですから、週末は荒天対策が必要で
しょうね。注意しましょう。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2011/7/14  6:20

朝の海の風景【デニーズ葉山店テラス】  日記1

クリックすると元のサイズで表示します


「おはようございます。森戸海岸にてバス待ちなう。すでに太陽がチリチリ照りつけて暑いです。
でも海風は涼やかですね。」(7月13日、hayamasanpo はやまさんぽさんのつぶやき、twitter)

このつぶやきに、先日朝食をいただきましたデニーズ葉山森戸店のテラスから見ました葉山の
海を思い出しました。穏やかな海、沖には裕次郎灯台に鳥居、遠くには江ノ島が臨めます。
好きだなぁ、この海の風景。本当に心和みます。こんな所に住んだら、毎朝、早朝海辺を
散歩するでしょうね。「会社行ってきます。」と言いながら、海辺に向かいそうです(笑)。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2011/7/12  5:31

惚れ惚れしちゃいます。美しいヨット。海面から撮影。  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


惚れ惚れしますね。
海を泳いでる人、
じゃなくて、このヨット(笑)。SWAN44、船長44フィート、総重量15トン。
大きなヨットです。思わず海面から写真を撮影しました。

日曜日はヨット仲間、のりまきいくらさんのこのグリムスIII号にお邪魔し、佐島から出港。
44フィートの悠々とした、かつ静かで、気品ある(ちょっと大げさかな、笑)
爽快な帆走を楽しみました。水線長が長く、ビームが割に小さいこのヨット、
速い速い、すいすい波を切って帆走します。これで2回目ですが、この走りには感動です。

小網代湾でアンカリング。お昼をとって、美しい小網代湾内に、ヨットからドボン。
今年初の海水浴を楽しみました。これも帆走と同じくらい気持ちのいいもの(笑)。
ブルーウォーター派なんですよね。週末は花火大会にナイトクルーズ、そして相模湾を
セーリング、そして海水浴。まるで小夏休みみたいな充実した週末でした。


ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2011/7/11  5:43

ナイトクルーズ、久里浜港花火大会  ヨット体験記

久里浜港での花火大会(7月9日土曜日)、初めてヨットで見に行きました。
当初の計画では、屋台が立ち並ぶペリー公園前から、ぶらぶら立ち食いでもしながら見に行く
予定でしたが、船長の僚艇P号が出港するということで、その船に横抱きさせてもらうこと
になり、予定を変更して船で行くことになりました。
久里浜港は浦賀港のお隣り、機走で低速3,4ノットで走っても30分ほど。普段よく出る
海ですので、海域の様子、昼間はよく知っていますが、夜間は初めて。途中、船長と帰港時の
マーク、浦賀港沖の緑浮標、観音崎灯台の方角、久里浜港沖の赤浮標にアシカ島の位置を
確かめながら、夜のイメージを確認して行きました。
出港準備としては、12Vのサーチライト、普段使っていませんので、電球がきれていないか
確認、それから近いのですが、GPSの設定。そして久里浜港の水深、岸壁を海図で確認。
実は、着岸できるのであれば、横抱きはしないで、岸壁に着け、走錨を心配しないで、花火を
楽しもういう船長の企画でした。
久里浜港内に午後4時前に着きました。着岸できるかどうか、2ケ所くらい試みましたが、
土曜日はいずれもお断りされました。花火大会当日は作業船も含め全て港内着岸禁止という
ことで。ですが、内みたいにずうずうしく、着岸しようとしている船は一隻もありません
でした(笑)。

ということで、船長の僚艇に横抱きさせていただきました。後から油壺のW艇も横抱き。
3艇並んでの花火大会見物となりました。途中やはり走錨し、打ち直し。W艇はしばらく
して、離れることになりました。

花火大会、数えると20隻位でしょうか。船が集まりました。洋上からの花火、美しいの
ですが、やっぱり、心おきなく楽しむって出来ませんでした。やっぱり他船とぶつかりは
しないかと気がきでならなくて。

花火が終わり、いよいよ、帰港。ゲストのKOINOBORIさんにバウでサーチライトを
もって頂きました。ありがとうございます。舵は私がとり、マークを捜しながら、ナイト
クルーズ。と言っても先行する船の後をついて行きます(笑)。こういう時は楽ですね。
浮遊物がないか、しっかり見て頂き無事に帰港しました。

ですが、実は帰港途中、フェンダー(1m程の大きなもの)を落としていました。翌朝、
海岸をランニングされたP号の船長が見つけて拾ってくださいました。船名を書いていると
いいことありますね。あれだけ注意していたのに、落としたのを気づけないというのも
少し不安を残しました。

それに、花火大会、風向にもよるのでしょうが、翌朝、デッキには黒いチリみたいなものが
たくさん落ちていました。花火の燃えかすなのでしょうか。朝デッキを水洗いましたが、
夜、海に出ますと、気づかないことがいろいろありますね。


ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ