2011/7/5  6:28

離岸の練習  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します


月曜日朝起きましたら、顔が赤く火照ってました(苦笑)。
土曜日は浦賀ヴェラシスからポインシアナ号を出し、日曜日は佐島のグリムス号に乗船させて
頂き相模湾にセーリングに出ました。年甲斐もなく連日海に。当然ですね。

クリックすると元のサイズで表示します


この写真はひょうたん島さんに撮影いただきました。ありがとうございます。
離岸の練習!と船長の指示で舵を取ります。まだなれないラット。右一杯左一回転半、ラダーを
まっすぐにします。念のため、桟橋に降りてラダーの方向を確認(苦笑)。スロットを後進に入れ
船尾が左に振れる(一軸右回り)ことを頭にいれて後進。35フィートのポインシアナ号、後進は
なかなか舵がききません。対岸桟橋の船にぶつからない様に後進しながら舵をきります(汗)。
90度回る寸前で前進。ふーっ。クリアー。港内を一応右側を意識して低速で機走していますと、
ブローで流されると風下の桟橋の船にぶつかるかもしれないよ、と風上を航行する様に船長。
なるほどなるほど。やっぱり近づきすぎかな。ベテランの人には気になるのでしょうね。
さぁ出港。ハーバーの堤防を右小回りで堤防近くを右旋回し出港しますと、堤防に近すぎ、
とまたまた船長から注意。北の風、風速約8m/s、風に流されることを計算して、もう少し
堤防から離れた方がいいとのアドバイスです。こうして書きますと、小うるさい船長に聞こ
えますが、実はSTARWARSのヨーダみたいな風貌(怒られるかな、笑)。こうしたことを細かく
教えていただいて感謝しています。こういう基本をひとつひとつ学びたくてポインシアナの
メンバーになったのだから。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ