2013/11/27  20:42

強風時の操船スキル  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します


二週間前でしょうか。江ノ島ではナビスコカップが開催される中、シングルハンドで午前10時に出港。海は微風、定置網を越えた沖合いでメインセールアップ。続いてジブセールを出します。南西の風、風速3〜5m/sで帆走を楽しんでいますと、微風をかいくぐり、この風を捉えて次々にレース艇が自艇を追い越して行きます(苦笑)。
正午過ぎた頃、沖合いのブローが見えました。レース艇はかなりヒールしています。ただならぬ海況を予感。タックして、追っ手の風で江ノ島に舵をきります。艇速がぐんぐん上がり、6ノットオーバー。後ろを振り返りますと、あちゃー。もう10m/sオーバーの海況です。このまま帆走を続け、江ノ島に向かうと定置網に激突、ジャイブは危険だからタックをするとなると、この海況ではオーパイも頼れない。もっと風が上がると、メインセールを下ろすのもひと苦労。今の内にメインセールをおろそう。エンジンをかけ、まずはジブセールを巻きました。それから風上に上りますが、30度を超えるヒール(汗)。エンジンスロットルを全開、速度を上げ、風波を乗り越え、メインシートを巻き上げます。船底が波を叩き船体は上下に揺れます。ようやく風上にたちました。さて、メインセールを下ろします。更に速度をあげ、直進力がついたところで、オートパイロットに切り替え、コックピット前方に移動、メインセールのハリヤードをリリース、3分の2位おりて来ました。残りはドッグハウスに半身を乗り出し、両手でセールを引きおろします。
ふーっ、久しぶり。この船では初めての体験(苦笑)。
機走で江ノ島に向かい直しますと、レース艇が烏帽子岩方面から、帆走で駆っとんで来ます。また、トリマランでしょうか。三浦方面にパワーボート並みの艇速でかっ飛んでいます。うーん、まだまだ経験が浅い。自分もこの位の風は帆走で走りたい、操船スキルを身につけたい、と思います。せめてファーラーのジブセールだけでも出して、帆走したいです。


ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ