2013/12/8  23:47

ピカピカ、ワックス掛け  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


土曜日半日、日曜日午前、ハルにワックスを掛けました。
まずはデッキの水洗い、なんとたくさん鳥の糞が落ちてました(泣)。

ハーバーから三脚を3つ、長い板を1つお借りし、足場を作ります。恐る恐る板に乗ります。カーシャンプーでハルをスポンジで洗いました。ポートサイド喫水ライン上にこびりついた海藻、ここは激落ちくん(笑)。見事に楽に取れます。乾いたところで、キズの確認。コンパウンドの入っているワックスでキズを取ります。なかなか取れない所は激落ちくん。大活躍(笑)。

ワックスはいろいろ調べました結果、ワックス持ちの一番いい固形のもの(車用)を使います。スポンジでハルをぐるぐる、三分の一位かけて、ネルの布で吹き上げます。それから板を動かし、船台の支えを放し、休憩。この工程で30分。これを初日は4クール。二日目は3クール続けました!

ハルはピカピカになりました。が、どの位持ちますかね。
来年もやる?
今は考えたくありません(笑)。


ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/7  18:16

船底塗装、ありがとうございます。  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

船底、こんなに綺麗に塗装いただきました。岡本造船、Fさんありがとうございました。
「頑張ってサンディングして前の塗装をおとしてくれたから、きれいに塗れたよ。」と言われ、思わず握手しました。傷のところにはパテをあてられ、再度サンディングされ、プライマーを今度はしっかり塗られて塗装頂きました。さすが職人さんの仕事ですね。素晴らしい。

グラインダーでの塗装はがし、ひとりでつらいものでしたが、上架初日、高圧洗浄時にコテで塗料を出来るだけとって頂きましたいくらさんとアトムさん、仲間の協力のおかげで出来たと思います。心から感謝します。ありがとうございます。


ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/5  5:28

セイルドライブ、ゴムパッキンをはがすと…  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します


こんな空洞があるのですね。セイルドライブの船底根元のゴムパッキンをはがしますと。このパッキン端がはがれ、ドライブとの接点には隙間ができ、フジツボがついていました。いっそのこと、新品に交換できればと思っていましたら、部品自体は数千円で、取り付けはボンドで貼り付けるとのこと。ドライブのジンク交換でペラをはずします。作業コストはさほどかからなそうでしたので、岡本造船さんに追加依頼しました。
よーく見ますと、小さいフジツボが奥までついています。ここまで海水が入るものなのですね。

クリックすると元のサイズで表示します


給水口のフジツボもしっかりとりました。ペラにはしっかりペラクリンできれいに保護されていました。
船底の一部のキズや塗装のはがれたところにはパテがあてられ、サンディング、シンナーで拭かれた後にプライマー塗装。それから船底塗料(シージェット033,シャークホワイト)が塗装されます。金曜日には仕上げられ、土曜日は船体にワックスを自分でかけます。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/2  22:15

船台で初船中泊  ハーバーライフ

クリックすると元のサイズで表示します


眺めはいいですね(笑)。
ここは上架した船から見る江ノ島ヨットハーバーです。高さは3メートル程でしょうか。週末この船台の上で初めて船中泊を体験しました。
まず驚いたのは、その静かさです。キャビンの時計の秒針が聞こえるのです。海上係留では聞こえませんでした。水音で消されるのでしょうね。
次に寒さです。しんしんと言うよりきんきんに冷えますね。底冷えならぬ船底冷えと言っても過言ではありません(笑)。船は海上が暮らしやすいですね。
最後に用をたすのが大変。ヘッドはもちろん船からも出来ませんし、桟橋のように簡単に降りられません。夜ははしごを降りるのは一苦労です。

桟橋係留、船の手入れは大変ですが、ヨットライフは海上係留が楽です(笑)。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/1  18:33

船底塗装をはがすことに(泣)  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


船底、綺麗でしょ(苦笑)。
というのもグラインダーで船底塗料を研磨しました。一日作業、ひとりで。もう肩が上がりません(泣)。

上架初日、高圧洗浄機で船底掃除を始めましたら、
な、なんと船底塗料がパリパリはがれるではないですか。プライマーがしっかりついていなかったようです。これでは船底を塗装出来ません。キールとラダー以外はぜーんぶ塗料をはがすことになりました。ヨット仲間お二人の助けをお借りし、高圧洗浄とヘラで船底塗料をできるだけとり、初日の作業は終了。それから二日目の作業のためにグラインダーをホームセンターに買いに行きました。

マスクに作業グラスでの作業、休み休みやりましたが、一日かかりました。塗装屋さんから、よく一日でやれたね。普通は片側一日作業だよと。
作業を終え、手を洗いに行きましたら、作業グラスの回り、額と頬は真っ白でした(笑)。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ