2008/6/9  20:11

ブラジルで一番の思い出。  風景

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジル、サンパウロに仕事で行ってきました。7日(土)夜9時のフライトまでの自由な時間、
行ったところは一番近い海の町、サントス。サンパウロから車で一時間のところに位置します。
ちょうど100年前、日本から最初の移民の方々を乗せた笠戸丸が着いた港だそうです。
海岸を散策しましたが、一番印象的だったのは、この写真、サントスの砂浜の海岸に元気に立ちそびえるヤシの木です。ブラジルの国旗の緑は大地の森、黄色は鉱物、そして青色は空を表しているそうですが、私のブラジルの印象は、緑のヤシ、白い砂浜と青い海でした。
日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ