2009/11/29  17:27

テンションゲージを使ってサイドステーを調整  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します

初めて使用しましたテンションゲージ。
先週の水軍レース、風速12m超の強風。
ブローやタックではかなりマストにテンションがかかったのだと思います。
アッパーサイドステー(外側)をぶらぶらして帰港しました(笑)。
(写真の黄色いラインの様になっていました。ちょっと大げさですが。)
ターンバックルを見ましたら、明らかに回っていました。
ワイヤーにすごいテンションがかかると、ターンバックルを回すんですね。
初めて知りました。当日すぐ締めなおしたのですが、ちゃんとテンションを計りたいと思い、
ハーバーの掲示板に投書しましたら、お借りできました。
有難いですね。こういう助け合い。買うと、結構な値段しますから。

クリックすると元のサイズで表示します

トールボーイさん(KAZIのライターとしてもご活躍中)、ありがとうございます。
サイドステーのテンションの張り方、測り方の「いろは」を教えていただきました。
ここにそのノウハウを書きとめたいと思います。メンテナンスにお役に立てればと思います。自分の備忘録として(笑)。

1.マストが直立しているか、左右に傾いていないかをメインハリヤードを使って確認します。
  @マストの真横にあたるトウレール(右舷)とヘッドステーのフッティング(根元)の
   長さを測り、マークします。
  A反対側のトウレール(左舷)に同じ長さのところにマークします。(どちらからやっても
   いいですね。)
  Bメインハリヤードをしっかり張って片方のマーク部分にあて、シートストッパーで
   留めます。
  Cメインハリヤードを反対側のマークのところにもっていきます。
  Dマークにちょうど届くが確認します。届かなかったら、直立していないんですね。
   届く様に反対側のターンバックルを回し、ワイヤーを伸ばし、直立させます。

2.張り具合を、マストのグルーブをブームの上から見て確認します。
  見るポイントは、
  @ロゥアーサイドステー(内側)とマストが張ってあるところ。
   自艇ではスプレッダーの根元。
  Aアッパーサイドステー(外側)がマストを張っているところ。
   この部分のマストグルーブがカーブしていないか、まっすぐしているかを確認します。
   右に曲がっていたら、左舷のターンバックルを締めてまっすぐにします。

3.テンションゲージで、ワイヤーの太さに適したテンションがかかっているかを確認します。
  自艇のアッパーサイドステー(外側)は4mm、ロゥアーサイド(内側)が5mmです。
  テンションゲージはワイヤーの太さごとにテンションの適正範囲を見ることができます。
  テンションが足りなければ、ターンバックルを回し、適正な値まで張り直します。

ここに書いたことで、また頭の中が整理できました(笑)。

そうそう、ターンバックルに通っていますステーのホールにピンが付いていませんでした。
回りきってしまいますとステーが外れてしまいますね。
トールボーイさん、ピンもいただきましてありがとうございました!

日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ