2013/12/18  19:54

燃料計の不良  メンテナンス

この半年、どうも燃料計が正確に動作しないと思っていました。
そこで、この冬は徹底的に調べることにしました。と言っても素人のやるレベルですけど(笑)。

まずは、一番厄介なこと、それは燃料タンクが空なのにEmpty(空)に針が指さないこと。面倒ですが、燃料タンクの軽油を灯油手動ポンプでポリタンクに移しました。燃料タンクについていますセンダーユニットの丸いピンポン玉のような浮きは、タンクの底についているのが見えます。そしてエンジンをかけますと、思ってた通り、燃料計の針が三分の一位まで振れます。うーん困った。

燃料計の故障についてネットでいろいろ調べましたところ、車での記事がたくさん出て来ます。車でもあるんですね(汗)。不良となる原因は大きく4つあることがわかりました。

1.燃料計の故障、
2.断線(燃料計からタンク)、
3.センダーユニットのセンサー不良(タンクに装備)、
4.フロート(センダーユニットに付いている浮き)の不良です。

最初のふたつ、燃料計と配線のトラブルシューティングは、簡単です。タンクに繋がっている配線同士を付けると、抵抗値がゼロになるので、燃料計はFullになるのだそうです。センダーユニットは浮きの上下を抵抗値にして、燃料計に送っている仕組みだとか。

クリックすると元のサイズで表示します


繋いでみると…
クリックすると元のサイズで表示します


Fullで振り切れます。燃料計と配線は正常のようです。

クリックすると元のサイズで表示します


次はセンダーユニットの浮き、これは燃料タンクのふたを開けて、覗きこみ、目視で浮いていることがわかりました。
残るは、センダーユニットのセンサー、これはもう交換(笑)。ヤマハのカタログではユニットで3000円ほどです。タンクの中の高さで種類があります。浮きの角度で抵抗値が変わる仕掛けですから、この高さでセンサーの抵抗を決めているのでしょうね。
なんだか、燃料計の博士になった気分です(笑)。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/16  0:05

湘南港の好きなとこ  海の風景

クリックすると元のサイズで表示します


きらきら輝く相模湾が広がる、
湘南港(江ノ島ヨットハーバー)の好きなとこです。横浜ベイサイドマリーナに係留していた時は、この相模湾に出たくて、何度かシングルで来たものでした。今は本当に恵まれています。白灯台、定置網を越しますと、もう相模湾が広がります。

クリックすると元のサイズで表示します


もうひとつ好きなとこは、富士山です。
近くに見えるんです。宮川に船を置いていました時も、この富士山を見たくて、よく湘南港に来ていました。

今日でちょうど一年。湘南港にPrincess Bay IIIを持って来て。毎週末、祝日、夏休み、この一年で55泊110日過ごしています(笑)。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/11  21:36

新型ジンク、ヤンマーセールドライブ用  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します


ペラとセールドライブの間にあります銀色のリング、これが新型のジンクなのだそうです。見た目、どこが新しいのかよくわかりません(苦笑)。新型ジンクのメリットはペラを外さずにジンクが交換出来ることとか。百聞は一見にしかず、ヤンマーさんのサイトから写真をお借りしました。

クリックすると元のサイズで表示します


左が旧型で右が新型、リング形状から軸を挟みネジでとめるように変わったそうです。次回からはこのジンクのネジを取れば簡単に外せるのですね。メンテが楽になりますね。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/10  22:01

塩抜き、船内機(セールドライブ)  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します


船台にビール箱を二段重ね、その上に大きなポリバケツを乗せ、セールドライブを下から覆うように配置します。給水ホースが暴れて出て来ないようにバケツに細いロープで縛り付けます、ポリバケツが倒れないようにロープをかけます。慎重でしょう(笑)。そして、バケツに真水を給水。これで海上と同じ条件のはず。
バケツから水が溢れて来たところで、はしごを駈け上り、エンジンオン。暖機運転を開始します。
排水口から水が出て来るまで緊張します。セールドライブの給水口から入った真水は船内機の直接冷却路を周り排水口に無事出て来ました。約30分暖機運転。排水量をずっと眺めます。普段とその量は変わりませんが、排水量がちょっと少ない気がします。インペラを交換してみようかと思います。

このポリバケツの前に、実はこのモーターフラッシャーで塩抜きを試みました。取り付けは船外機に付けるように出来ましたが、給水はうまく出来ませんでした。サイドの給水口だけではなく、下にある給水口から吸い上げないと十分ではないのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します


最後に、このポリバケツ給水方法、セールドライブの塩抜きには見事な方法なのですが、ひとつ難点があります。エンジンを止めた後、バケツから水を出すのに、ひと苦労します。というのも、大きなバケツですが、うまい具合にすっぽりセールドライブを覆っていますので、水をこぼせないのです(泣)。サイフォン式でホースから出すことも出来ますが、短いホースが必要です。今回はポートサービスの方々からお力を借り、二人でバケツを持ち上げ、木材とビール箱を外し、バケツを下に下ろし水を流しました。ひとりでやる場合は短いホースを用意しましょう(笑)。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/8  23:47

ピカピカ、ワックス掛け  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


土曜日半日、日曜日午前、ハルにワックスを掛けました。
まずはデッキの水洗い、なんとたくさん鳥の糞が落ちてました(泣)。

ハーバーから三脚を3つ、長い板を1つお借りし、足場を作ります。恐る恐る板に乗ります。カーシャンプーでハルをスポンジで洗いました。ポートサイド喫水ライン上にこびりついた海藻、ここは激落ちくん(笑)。見事に楽に取れます。乾いたところで、キズの確認。コンパウンドの入っているワックスでキズを取ります。なかなか取れない所は激落ちくん。大活躍(笑)。

ワックスはいろいろ調べました結果、ワックス持ちの一番いい固形のもの(車用)を使います。スポンジでハルをぐるぐる、三分の一位かけて、ネルの布で吹き上げます。それから板を動かし、船台の支えを放し、休憩。この工程で30分。これを初日は4クール。二日目は3クール続けました!

ハルはピカピカになりました。が、どの位持ちますかね。
来年もやる?
今は考えたくありません(笑)。


ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/7  18:16

船底塗装、ありがとうございます。  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

船底、こんなに綺麗に塗装いただきました。岡本造船、Fさんありがとうございました。
「頑張ってサンディングして前の塗装をおとしてくれたから、きれいに塗れたよ。」と言われ、思わず握手しました。傷のところにはパテをあてられ、再度サンディングされ、プライマーを今度はしっかり塗られて塗装頂きました。さすが職人さんの仕事ですね。素晴らしい。

グラインダーでの塗装はがし、ひとりでつらいものでしたが、上架初日、高圧洗浄時にコテで塗料を出来るだけとって頂きましたいくらさんとアトムさん、仲間の協力のおかげで出来たと思います。心から感謝します。ありがとうございます。


ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2013/12/5  5:28

セイルドライブ、ゴムパッキンをはがすと…  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します


こんな空洞があるのですね。セイルドライブの船底根元のゴムパッキンをはがしますと。このパッキン端がはがれ、ドライブとの接点には隙間ができ、フジツボがついていました。いっそのこと、新品に交換できればと思っていましたら、部品自体は数千円で、取り付けはボンドで貼り付けるとのこと。ドライブのジンク交換でペラをはずします。作業コストはさほどかからなそうでしたので、岡本造船さんに追加依頼しました。
よーく見ますと、小さいフジツボが奥までついています。ここまで海水が入るものなのですね。

クリックすると元のサイズで表示します


給水口のフジツボもしっかりとりました。ペラにはしっかりペラクリンできれいに保護されていました。
船底の一部のキズや塗装のはがれたところにはパテがあてられ、サンディング、シンナーで拭かれた後にプライマー塗装。それから船底塗料(シージェット033,シャークホワイト)が塗装されます。金曜日には仕上げられ、土曜日は船体にワックスを自分でかけます。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ