「しまのアルバム」はこちらから

2008/8/3

生きる  写真日記

 NHK/BSで黒沢明の「生きる」を見た。
 「七人の侍」と「生きる」は黒沢作品の中でも群を抜いているけれど、何度見てもやっぱり良い。
 突然、葬式の場面になるなど、こった脚本は本当にすばらしい。
 今回見て思った事は、音の使い方もまたこっているということ。無音の場面から突然街の喧噪を入れたりと、いろいろやっています。
クリックすると元のサイズで表示します
f3.5 1/40 +0.7補正 DimageA1
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ