2010/12/18

わくわくクッキング♪  釣行記:C守谷〜興津
 
金曜日の午後のこと。
気乗りしない仕事を控え、気分がブルーになっている管理人のもとに、一通の迷惑メールが届いた。

「○○で尺アジ釣れました♪ mobara」

げげ、もう釣りしてる。
管理人もすぐに駆けつけたいところだけれど、あいにく今日の仕事はどうしても外せない。
悶々としているところへ、すぐに第二報が。

「尺アジ2匹目♪」

mobaraさん、実況中継するつもりらしい(笑)。

仕事の方はといえば、案の定いや〜な展開。
がっくりうなだれて帰宅したところへ、mobaraさんからの総括メール。
Bサーフさんも加わって、夕まずめは尺アジ乱獲祭りだったとか。

「ちくしょう、俺も行く〜っ!」

さっそくタックルの準備をして車に積み込み、外房へGO!


やってきたのは、mobaraさん達が居るポイントから少し離れた別の港。
理由は・・・・「すいてるから」。
mobaraさん達のポイントは地元師、常連師入り乱れてかなり賑わっているらしく、そんなところに管理人がのこのこ出かけていったらますます混雑に拍車をかけてしまう。
ひとり無人の堤防に入り、船道のベストポイントをキープして釣り開始。
この釣場ぜーんぶ独り占めだ(笑)。

すると、一投目からアジがダブルでヒット!
うわ、ここもアジ祭りだ!
でも・・・サイズが小さい。
釣れるのは18〜20cmの小アジサイズ。
どうやらエリアによって異なるサイズの群れが着いているらしく、このポイントには残念ながら尺アジの気配はない(泣)。

そうと判ればさっさと方針転換。
中途半端に大きいアジは都度リリースし、ポンプを投入したバッカンの中に18cm前後の「型揃い(笑)」のアジをキープしていく。
20匹ほどキープしたところで、「泳がせ釣り」を開始。
デンケミ付きの大型浮きを背負ったアジ君を、堤防周りで泳がせる。

暗いうちは特にアタリはなかったが、東の空が明るくなり始めた頃になって、本日最初のアタリ。
ズボッと沈んだデンケミの明かりが、海中を右へ左へと走り回る。
これはヒラヒラでもサメでもない。スズキか?
ゆっくりとアワセをいれて、竿の弾力を使って一気に水面まで浮かせる。
姿を現したのは、予想通り、目測60cm程度のスズキ(東京湾奥方面ではシーバスともいうw)。
よっしゃ、お土産GET♪
 
クリックすると元のサイズで表示します


そしてその直後、すぐに二匹目のスズキがヒット!
先程の魚よりも遥かに重い引きで、海面に見せたその姿は目測70cmオーバーのナイスサイズ。
おお、いいんじゃないの♪
背後に置いていたタモの柄を取ろうと左手をリールのハンドルから離し、後ろを振り向いたそのとき・・・・・
まるでこちらの動きを見透かしていたかのような突然の突進。
片手だけでは受け止めきれず、足元のテトラにラインを巻かれてジ・エンド。
あららら〜、やっちまった。

その後、日が昇ってからは全くアタリなし。
残念ながら本命の気配もなかった。
釣り座を洗い流し、生き残ったアジ君達をリリースして堤防を後にした。

クリックすると元のサイズで表示します


その後、場所移動して外房釣師会のプチオフ忘年会に参加。
尺混じりの良型アジで満杯のクーラーボックスを見せつけるBサーフさんやmobaraさんに、管理人はヒレピンのきれいなスズキを見せびらかして対抗。(子供か!(笑))
お久しぶりのすぎさんにもお目にかかれて、楽しい時間をすごすことができた。

そして、レイコママさん(渡り鳥さんの美しすぎる奥様)から教えていただいたとっておきのスズキ料理レシピ♪
さっそく管理人も挑戦してみた。


<手順>
1.スズキを3枚におろし、適当な大きさに切り分ける。焼いたときに身が反らないよう、皮に切り目を入れておくのを忘れずに。

2.スズキの身に軽く塩を振り、小麦粉をまぶす。

3.フライパンにたっぷりのオリーブオイルをひき、スズキの身を、皮を下にして、こんがり香ばしく焼き目が付くように焼く。

4.適当なところでひっくり返したら火力を弱め、上蓋をして、身が固くなりすぎないよう今度はじっくり蒸し上げるように火を通す。

5.焼き上がる直前にドライハーブを加えて、さらにひと蒸し。あまり早いタイミングで加えても香りが全部飛んでしまう。

6.焼きあがったら皿に盛り、ざく切りトマトと市販のイタリアンドレッシングを和えたものをたっぷりとトッピング。

7.最後に、わが家の庭に自生している(笑)イタリアンパセリの葉を添えて。



じゃじゃーん、出来ました♪
スズキのイタリアン・ソテー。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、お味のほうは・・・

う、美味いっ!

ワタクシ、やればできる子です(笑)。
お好みにより、ガーリックを少々加えてもいいかも。

スズキの身に臭みが全くないのは、釣り上げた直後に活き締めして、しっかりと血抜きをしておいたから。
釣ったスズキをキープするときはぜひ励行しませう。

※レイコママさん、有難うございました。


晩酌は、皆さんおススメの焼酎で。

クリックすると元のサイズで表示します

ついつい調子に乗って、家飲みで二日酔い(笑)。  

  
タグ: 釣り

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ